【就活、転職活動の秘訣】自分に合った職場環境なら仕事が長続き!

自分に合った職場環境なら仕事が長続きする!【就活、転職活動の秘訣】

今回は、就活、転職活動中の女性へ『長続きする仕事探しのコツ』をご紹介致します。

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。(※キャリアコンサルタント【登録番号17039543】)

「息を吸って吐くように」自分らしく自然体で仕事に取り組める職場環境で働くことが出来たら、どれだけ幸せでしょうか。

本記事が、あなたの就活、転職活動において『自分に合う職場環境の選び方』のヒントになれば嬉しいです。

まずは、あなたの人間特性(性格の傾向)をセルフチェックしてみましょう。以下7つの質問に答えるだけでチェックは完了します、簡単ですよ。

【人間特性チェック】あなたは、「Aですか?」or「Bですか?」

自分に合う職場環境を見つけるためには、まず『自分自身の特性・特徴を知る』必要があります。

以下に7つの質問をご用意致しましたので「現在の自分の思考や行動パターンは、Aなのか?Bなのか?」今のあなたに当てはまる方を選んでみてください。「以前はAだったけど、今はBだと思う」のなら、Bを選びましょう。判断基準は『今のあなた』です。

質問1
A記憶力がいい。その時に誰が何をしていた等の詳細までよく覚えている。
B全体のイメージはあるが、詳細までは覚えていないことのほうが多い。


質問2
A堅実である。確実な道を進む。
B投機的なところがある。不確実な道も進む


質問3
A物事を解決させようとする時は「即効性のある方法」を好んで実践する。
B物事を解決させようとする時は「多少時間がかかっても根本的な解決になる方法」を好んで実践する。


質問4
A現状を維持していきたい。これまでの歴史や伝統を守っていきたい。
B新しいことにチャレンジしていきたい。新しい道を開拓したい。


質問5
A物事はありのままに受け取る。
B物事を独自に解釈する。


質問6
A地図を見る時は、地図の向きを変えたり、首を傾けたりする。
B地図を見る時は、地図の向きを変えたり、首を傾けたりしない。


質問7
A前例を応用するやり方を好む。
B前例のない革新的なやり方を好む。

以上となります。

あなたは、ABのどちらの数の方が多かったでしょうか?

【結果発表】「A」の数が多かった人は?

まずは、「Aの数が多かった人の結果から発表していきましょう。

A

Aの数が多かったあなたには、『現象(Phenomenon)』の特性があります。

「ありのまま、今の状態」などの現象に強く意識が向くため、『今が楽しく快適でさえあれば仕事を続けていける人』と言えそうです。本人の自覚の有無に関わらず「そもそもキャリアアップには興味が無い」という人も少なくありません。

和気あいあいとした思いやりのある人間関係やムードがある、仕事をスムーズに行うための設備環境が整っている。そういう『仕事に専念できる快適な職場環境』であるのなら、むしろ仕事内容がルーティンなものであっても長く続けることが可能です。たとえ昇進や昇給の見込みが薄くても腰を据えて長く仕事を続けることが出来るでしょう。

一方、どんなにキャリアアップの制度が整っていたとしても、人間関係が希薄で設備投資もほとんどされていない(されない)職場環境であれば「長続きしない」可能性があります。そういう観点から導くと『ポジションや給料を基準に仕事を選んではいけない』と言えるでしょう。

長続きする仕事を選ぶコツは、高いポジションでも給料でもなく「そこで働く人たちの表情はイキイキしているか、会社側が職場環境を整えることにどれだけ力を注いでいるか」などの情報を掴むことです。「実際に社員たちの働く現場の風景を見る」ことが、一番の判断材料になるかもしれません。

【結果発表】「B」の数が多かった人は?

それでは、次に「Bの数が多かった人の結果を発表しましょう。

B

Bの数が多かったあなたには、『本質(Quintessence)』の特性があります。

「未来の可能性」や「意味するもの」などの本質に強く意識が向くため、『将来性が見えれば仕事を続けていける人』と言えそうです。本人の自覚の有無に関わらず「昇進や昇給がかなりのモチベーションになる」という性格傾向があります。

たとえ今時点での仕事内容が不本意であったり、職場の人間関係が希薄であっても、「ここで腐らずに働いていれば、なりたい自分になれる」という自分自身の明るい未来をイメージすることが出来るなら、なんだかんだ言いながらも乗り越えていけるでしょう。憧れる人、尊敬できる先輩や上司がいるような職場環境であるほど長続きするはずですよ。

一方、どんなに仕事がしやすくて快適な職場環境であったとしても、キャリアアップの可能性が閉ざされていたり、昇給はおろかポジションもずっと変わらなかったりすると、急につまらなく感じたり、モチベーションが一気に下がったりして突然会社を辞めてしまうことにもなりかねません。

長続きする仕事を選ぶコツは、仕事のしやすさや快適さよりも「具体的なキャリアアップの仕組みや事例」などの情報を掴むことです。憧れる社員がいるのなら「直接『リアルな経験談』を聞かせてもらう」のが一番でしょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

今回の7つの質問で分かることは、あなたに生まれつき備わっている性格傾向のほんの一部にすぎません。そのため、診断結果の精度はまだまだ高められるということをご理解いただきたいと思います。