【男性心理学50個まとめ】仕草で男心が丸わかり!スマホに入れとこ。

【男性心理学50個まとめ】仕草で男心が丸わかり!スマホに入れとこ。

男心が丸分かり!『男性心理学・しぐさで解る心理学50個』をお届け致します。

 

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

その道のプロフェッショナルが相手の表情や目を見れば、ある程度の心理傾向を掴むことが出来ます。しかし、黙秘に加えてポーカーフェイスを貫かれてしまえば、プロでも読み取れません。

そこで本記事では、誰もがすぐに確認できる『手のしぐさ』を取り上げました。

隠そうとしても隠せないのが『手のしぐさ』。言葉や表情は意識的に隠せても『手のしぐさ』はなかなか隠せるものではありません。

わりとハッキリ心理が反映される部位のため、プロでなくても観察しやすく気づきやすいのです。

ぜひ、前後の文脈(背景や状況)と相手の手のしぐさに注目し、性格や心理傾向を掴んでみましょう。

相手の気持ちがわかれば適切な対応をとることが出来ますよ。仕事でも恋愛でも、もちろん婚活でも使える心理学です。

それでは、さっそくご一緒にチェックしていきましょう!

 

【手のしぐさチェック!】相手の性格や心理傾向を掴んでみましょう。

ハートheart

  1. 目をこすりながら話す
    表情を隠そうとしている。本心を隠そうとする心理の表れ。
    「会社の飲み会と言いながら、実は部下の女性スタッフと二人きりで飲みに行ってたりして…」
    「そんなこと、あ…あるわけないじゃないか(目をこする)」
    「(まさか、マジか…)」
  2. 口元を手で隠しながら話す
    嘘を隠そうとしている。何か暴露したいことがある。
    「今日遅かったね、残業だったの?」
    「(口元を手で覆いながら)まあ、いろいろあってさ」
    「ふ〜ん(なんでちょっと嬉しそう?こいつ何か隠してやがるな)」
  3. ボディータッチしてくる
    甘え、おねだり、好意などの表れ。相手との距離を縮めようとしている。
    「痛っ、手にトゲが刺さったみたい」
    「どれ、ちょっと手を見せて(触れる)」
  4. 手のひらを見せる
    嘘のないオープンな姿勢の表れ。相手に対して肯定的である。
    「今日は悩みを聞いてくれてありがとう」
    「(始終手のひらを見せながら聞いてくれて)俺で良ければいつでも聞くよ」
    「(よし、これは脈ありだわ!)」
  5. 相手から見えない位置に手を隠す
    心を開いていない。何かを隠している。相手に対して否定的である。
    「実は悩んでることがあって」
    「(手を腰の後ろにまわしながら)どうしたの?」
    「(うぅ、本当は面倒くさいと思ってるな…)」
  6. 自分を指差す
    相手よりも優位に立ちたい心理の表れ。無意識に自己アピールしている。
    「ついに私、昇進したんだよ。しかも最年少で!」
    「やったね!でもまあ(自分の顔を親指で差しながら)俺が初めて昇進した時はお前より若かったけどな」
    「(こいつ・・・)」
  7. 手を揉む
    自信がない心理の表れ。どこか不安で自分の発言に自信がない。
    「私のこと、ちゃんと好きでいてくれてるの?」
    「(手を揉みながら)なんだよ急に。当たり前だろ」
    「(こらこら、もっと自信持てよ)」
  8. テーブルの上を整理(キレイに)し始める
    心を開いている。相手に対して肯定的である。相手との間にある障害物を取り除こうとしている。
    「ちょっと相談があるんだけど」
    「(開いていたノートPCを閉じて)どうした?」
    「(この人なら親身に聞いてくれそうね)実は、、、」
  9. 頭の上や後ろで手を組む
    相手を支配し優位に立ちたい心理の表れ。威厳を示したい。
    「ごめんなさい」
    「(頭の後ろで手を組みながら)まあ、もういいけど」
    「ありがとう、ちゃんと反省します。(ふふふ、服従させて気が晴れたみたいね)」
  10. 顎(あご)をさする
    自分の立場が相手より上だと思っている。プライドが高く自信過剰気味(ナルシスト)な傾向がある。
    「私のチームにいるスタッフ(部下)が指示した通りに動いてくれないのよね」
    「(顎をさすりながら)それは舐められてるからなんじゃないの?マネジメントってのはさ・・・」
    「(あー、、また説教が始まった…)」
  11. 鼻をさわる
    情緒不安定な心理の表れ。不安、自信がない、嘘をついているなど、精神的に動揺している可能性がある。
    「(鼻をさわりながら)この間してた旅行に行こうって話なんだけど、これから仕事が忙しくなりそうだからまた落ち着いたらにしよう」
    「そう。わかったわ(って、この前は仕事が一段落したから旅行にでもって話だったはず。本当に仕事の問題か?何か隠してるな…)」
  12. 鼻の下をさわる
    照れ、あるいは不安や緊張、ストレスの表れ。何かを隠している可能性もある。
    「すごい才能だね!」
    「(人差し指で鼻の下をさわりながら)こんなの誰だって出来るよ」
    「(ふふふ、照れちゃって可愛い)」
  13. テーブルの物をいじる
    現状に退屈している。現状に不満がある可能性もある。
    「でさ、友達がさ・・・」
    「(テーブルの上にあるコースターをいじりながら)へー、そうなんだ」
    「(いよいよ退屈し始めたかな)そろそろ出よっか」
  14. テーブルの上を指でトントン、爪でコンコンする
    話を聞いて欲しい、主導権を奪取したい心理の表れ。自分を落ち着かせようとしている面もある。
    「(テーブルの上を爪でコンコンしながら)おいおい、いつまで待たせるんだ」
    「もうちょっとだから待って」
    「(テーブルの上を指でトントンしながら)あーっもう!なにをグズグズしてるんだよ置いていくぞ!」
  15. 小物で相手を指す
    相手より優位に立とうとする心理の表れ。自分の立場が相手より上だと思っている。それを相手にもわからせたい。
    「そういう言い方はないんじゃないの?」
    「(持っていたペンで女性を指しながら)お前が言わせたんだろ!」
  16. お腹の前あたり(低い位置)で腕を組む
    心を開いていない心理の表れ。警戒心があり、自分を守ろうとしている。
    「ランチ行かない?」
    「(おへそを隠すように腕を組みながら)俺ちょっとやることあるから」
    「そうか、了解!(ちっとも私に心を開いてくれないなあ…)」
  17. 胸の前あたり(高い位置)で腕を組む
    相手より優位に立とうとする心理の表れ。警戒心というよりは、ライバル意識の心理傾向がある。
    「良い企画だと思うけど、結構コストかかりそうだよね」
    「(胸の前あたりで腕を組みながら)あのなあ、そこじゃなくて費用対効果の高さを見てくれよ」
    「はいはい(もう、すぐイライラするんだから…)」
  18. 握りこぶしをつくる(固く握っている)
    怒りの感情の表れ。相手に対して否定的である。
    「元カレの時は・・・」
    「(握りこぶしをつくりながら)もうその話はいいよ」
  19. 指をポキポキ鳴らす
    体力に自信のある表れ。相手を威嚇したり、体力自慢したい時にも行われる仕草である。喜びの表現や退屈しのぎの場合も。
    「久しぶりに会ったからかな?なんだか顔とか体とかが引き締まった感じがする」
    「(指をポキっと1回鳴らして)ぼちぼちトレーニングしてるからね」
    「男らしくなった」
    男「(指をポキポキ鳴らしながら)そ、そう?」

     
  20. 喉元に触れる
    不快感やストレス、恐怖を感じている。自分を守ろうとしている。
    「あと5分もすれば乗れそうだね。足がぶらぶらのジェットコースターなんて私初めて、楽しみー!」
    「(喉元に手を触れながら)お、おお。。」
    「(ははは、こやつ完全にビビってるね…)」
  21. 首の後ろをさわる
    これ以上突っ込まれると困るという焦りの表れ。動揺を隠そうとし、話題を変えたいとも思っている。
    「ちゃんと言ったの?」
    「(首の後ろをさすりながら)ああ、一応・・・」
    「相手にちゃんと伝わった?」
    「(首の後ろをさすりながら)だから大丈夫だってば」
  22. 腰の両脇に手をあてる
    権力を誇示しようとする心理の表れ。俺様気質があり、相手をコントロールしたいと思っている。
    「遅れてごめん!」
    「(腰の両脇にてをあてながら)俺を待たせるなよ」
  23. 膝(ひざ)をさする
    不安や緊張の表れ。自分をリラックスさせようとしている。
    「私に大事なことを隠してるでしょ?」
    「(膝をさすりながら)別に」
    「知ってるんだから」
    「(膝を執拗にさすりながら)はあ?(やばい…本当にバレてるかも)」
  24. 手で口を押さえる
    極秘事項をつい口に出してしまった(出しそうになった)時などに、身の危険を感じてとっさに口を手でふさごうとする仕草。何か大事なことを隠している可能性がある。
    「不倫は文化とか全く意味わかんない」
    「ん?」
    「あなたは不倫とかしたことある?」
    「ああ、昔…(とっさに手で口を押さえながら)昔からずっとないよ。あるわけないじゃないか、ははは」
    「(あ、あやしすぎる…)」
  25. 会話中にポケットに手を入れる
    触れられたくない話題に入り、焦って何かを隠そうとする心理の表れ。危険を察知した時の仕草である。
    「なんかあやしいわよ、本当に不倫経験ないのね?」
    「ないってば。(ポケットに手を入れて)絶対にない!」
    「(ほほ〜、あるなこいつ…)」

さぁ!どんどんチェックしていきましょう!お次は「26〜50項目」です。

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧