【適職診断】自分に合った仕事探し「質問7つに答えるだけ」

今回は、『自分に合った仕事診断』をお届けしたい思います。ぜひ、以下7つの質問に答えてみて下さい。

 

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

本記事は次のような悩みを抱えている方に役立つ内容となっております。

  • 今まさに就職活動中という学生の方
  • キャリアアップのために初めての転職を考えている方
  • 今の会社が倒産しそうで新しい職場を探している方
  • 今の仕事でまったく結果を残せずに半分やけくそになっている方
  • 職場の人間関係にひどく疲弊している方
  • 転職しても仕事が長続きせずに困っている方
  • そろそろ本気で独立起業したいと考えている方
  • やりがいのある仕事を見つけて再就職したい方
  • 転職する勇気がない方

理由は様々あれど、ほとんどの方が心の中では「次は、仕事内容も職場環境も自分に合った仕事でありたい」と願っているのではないでしょうか。

本記事の内容が、あなたの就活・転職活動のヒントになれば幸いです。

それでは、さっそく『あなたに合った仕事』を探っていきましょう!

【仕事診断テスト】あなたは、「A?」or「B?」

やり方は簡単。以下7つの質問に答えるだけです。

これまでの自分の行動や思考パターンを振り返りながら、「今の自分は、なのか?なのか?」いずれかを素直な気持ちで選んでみて下さい。

質問1
A:相手を傷つけ落ち込ませる可能性が高くても、ありのままの真実を伝えるべきだと思う
B:相手を傷つけ落ち込ませる可能性が高いなら、罪のない嘘をつく必要もあると思う


質問2
A:人から「着実」「計画的」「厳格」などと言われることがある
B:人から「癒し系」「愛されキャラ」「ほっとけない」などと言われることがある


質問3
A:チェックや管理の能力が高く、粗を探すのも得意である
B:人や場を和ませる存在になりやすく、褒め上手でもある


質問4
A:確証や裏付がないと信用しないたち。どんなに泣きつかれても納得できる根拠が示されなければキッパリ断ることができる
B:感情に訴えかけられ共感してしまうと信じてしまうかも。一方、どんなに説得力のあるデータを示されても相手とのフィーリングが合わなければ信用しない


質問5
A:仕事は、結果が全てだと思う。業績を上げたいし、出世・昇給したいとも思う
B:仕事では、結果よりもプロセスを大事にしたい。楽しみながら働きたいし、人から感謝されたい


質問6
A:理屈っぽいと言われる。データや数値で話すことが多い
B:話が抽象的だと言われる。思いや気持ちで話すことが多い


質問7
A:ルールは必ず守るものであり、ルールに例外はないと考える
B:人を不愉快にするルールなら守る必要はないと考える

以上となります。

それでは、今から「の数」と「の数」を算出して下さい。

さて、あなたは「と「のどちらの数のほうが多かったですか?

【結果発表】自分に合った仕事診断(ドキドキ)

それでは、次のページでご自身の結果を見ていきましょう!