40代女性が転職を成功させて幸せになる具体的な方法

40代女性が転職を成功させて幸せになる具体的な方法

40代の働く女性へ。これからの自分の可能性を信じていますか?

 

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

今回は、『40代女性が転職を成功させて幸せになる方法』を具体的にお伝え致します。

 

20代、30代、そして・・・

0-08-nature_color_icon

20代の頃は、すごい人を見ても「あの人も同じ人間。私だって、やればできる!」という根拠の無い自信を持っていた人は多いと思います。

「若さ」が原動力となり、気力体力ともに溢れていた時は、今ほど結果に恐怖を感じることなく「とにかく前へ進むことができた」のではないでしょうか。

しかし、少しずつ体力の衰えを感じ始める30代を経て、40代ともなると、さすがに「何だってやればできる」とは思えなくなってくるもの。何かをやりたいと思っても、自分の能力や経験から「これならできそう」「あれはできそうにない」ということがある程度わかるのが40代だからです。

例えば、「営業よりも事務仕事のほうが向いている」とか、「頭を使うより体を動かすほうが性に合う」とか、「ムードメーカーにはなれてもリーダーにはなれない」とか、「組織の一員としては力を発揮できても、独立起業してうまくやっていけるタイプではない」とか、「自分はナンバー2の立場が最も力を発揮できる」とか。

そして、40代の感覚はそれまでの経験に基づいているため、あながち間違いでもありません。

これまでの経験が邪魔をする?

ここで問題なのは、これまでの経験が邪魔をして「これからの自分の可能性を信じられない」ことではないでしょうか。

実際に「この先、自分の人生が大きく上向く」と自信を見せる40代は少ないものです。それよりも「これからも特に代わり映えしない(あるいは、より大変になっていく)」と感じている40代のほうが大多数でしょう。

しかし、それは真実ではありません。

たしかに、20代や30代の頃よりも可能性の扉が広く開いているかといえば、狭くはなっていると思います。また、知識や経験という贅肉がついている分、より入りにくい格好でもあるでしょう。

それでも、可能性の扉が閉じ切っているわけではありません。自分自身に贅肉がつき、扉の間口も少し狭くなっているだけです。それで「きっと入れないだろう」と諦めてしまっているだけなのです。

40代の自分にできることを見極める

0-81-nature_color_icon

40代は『本当はできることをできないと感じてしまう年代』なのかもしれません。それは一方で『本当にできないことをできると感じてしまう年代でもある』と言えるでしょう。

そういう意味では、まさに「40代はグレーゾーン」です。「理想と現実の狭間に位置するかなり微妙な年代」と言えばわかりやすいでしょうか。

いずれにせよ、『今の自分にできることを見極めることが40代の最大の課題である』ように思います。

この見極めがうまくいかなくて苦しんでいる40代はたくさんいます。しかし、苦しんでいる人ほど、このプロセスに時間を割かずに踏んだ気になっているものです。時間をたっぷり確保して『今の自分にできること』を真剣に考えて実践していきましょう。

例えば、仕事なら『自分自身の強みと弱みを正確に把握し、自分に合った適職(職場環境や職業分野)を求めていく』こと。これも立派な現実策(プロセス)だと思いますよ。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧