転職や結婚で女性が働き方を変える前に行うべき心の準備

転職や結婚で女性が働き方を変える前に行うべき心の準備

実は今、働き方が変わったことで「こんなはずじゃなかったのに…」と後悔してしまう女性が増えています。

 

大森篤志

一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

そこで今回は、『転職や結婚で女性が働き方を変える前に行うべき心の準備』についてお伝えしたいと思います。

▼こちらの記事も読まれています

『30代女性の仕事キャリア・メンタルの悩み解決』15記事まとめ
女性30代後半からの転職術。失敗の原因は自分の思い込み!?
30代が天職を見つける方法「働く女性のライフワーク」

 

「働き方が変わると自分の何がどう変わるのか」想像しておく

0-48-sleep_illustration

働き方を変えたら、「これまで受けていた恩恵を手放さなければならない」という場合も出てきます。

言われてみれば当たり前のことに思えるかもしれませんが、自分ではわかっているつもりでも、それでも『実際に働き方を変えた後の現実とのギャップに苦しむ』という人は多いようです。

例えば、「大企業の正社員」から「フリーランス」へ転身した場合、これまで通りの充実した保障や福利厚生の恩恵は受けられませんし、大企業という後ろ盾がもたらす社会的なバリューも消失します。大企業を辞めた途端に『自分が取るに足らない存在に思えた』と言う人も少なくありません。

「自分の価値が下がった…」

また、「バリバリのキャリアウーマン」から「専業主婦」になった場合、どれだけ結果を残しても、表彰されて大勢から拍手喝采を浴びることはありません。これまで積み上げてきたキャリアを捨てて専業主婦になった途端に『自分の価値が低くなったような気がした』という女性もいます。

誤解のないようにお伝えしておきますが、フリーランスや専業主婦の社会的地位が低いということでは一切ありません。働き方が変わると『自尊心が低下することがある』ということを知っておいて頂きたいのです。

転身先の環境や仕事に慣れてくると、徐々に自尊心を取り戻すこともあります。一方、自尊心の低下に歯止めがかからず、抜け殻のようになってしまう場合もあります。

いずれにしても、特に結婚や出産などで働き方がガラリと変わる女性にとっては『働き方を変えると自分の何がどう変わるのか』ということを予め想像しておくことが、急激な自尊心の低下を防ぐことにつながります。

働き方を変えることによって、様々なベネフィットの部分を手放さなければならないかもしれません。しかし、自尊心まで手放す必要はありませんよね。

これだけは忘れないで下さい。

0-46-sleep_illustration

「正社員」から「パート」の働き方に変わっても、たとえ一時的に「無職」になったとしても、それでもあなた自身の価値が下がることは決してありません。

「こんなはずじゃなかったのに…」という考えを抱き続け、心を腐らせてはいけませんよ。

たしかに、パートで働くよりも正社員で働くほうが、社会的に『上』のポジションでいられるような感覚になれるかもしれません。

しかし、そういう偽物の優越感に浸っているうちは、本物の幸せにはありつけないものです。パートよりも正社員のほうが上というヒエラルキーの洗脳から抜け出さないと、いつまでたっても「自分にとって本当に幸せなもの」に目が向けられなくなってしまいます。

それは、結婚や出産に限らず、自らの意志で転職をして働き方を変える場合も同じです。

条件や待遇の面ばかりを判断基準にしていると、「自分は何をしている時が幸せなのか」という視点を失ってしまいます。

「ライフワークと出会うこと、仕事を楽しく長く続けること」を考えたら、社会的階層の位置と自分を同一視しないことが大切です。

最後にもう一度だけ言わせて下さい。働き方によってあなた自身の価値が変わることは一切ありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧