30代で「自分に合う仕事、合わない仕事」を知る!

30代で「自分に合う仕事、合わない仕事」を知る!

仕事の方向性は定まっていますか?「自分に合う仕事、合わない仕事」を自分で理解していますか?

 

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

 

30代は、仕事の方向性を見直すタイミング

30代になったら、『自分の意志で仕事の方向性を決める』ことが大事です。

そもそも、仕事の方向性が定まらないと、経験や実績を積み上げることが出来ません。

例えば、「画家として生計を立てていく」ということが定まっていないと、「本当は絵を描きたいんだけど…」と言いながら、普段はアパレルショップで働いていたりします。

また、本当はカウンセラーとして人の助けになりたいのに、毎日が経理の仕事に追われているのだとしたら、カウンセラーとしての経験や実績は積み上がっていきません。

実際、私に寄せられるご相談においても、30代の多くが仕事の方向性に関するご相談であることから、「悶々としながらも、仕方なく目の前の仕事をこなしている」という30代は『かなり多い』ように思います。

自分の望む姿と現実とにギャップがある人は、仕事の方向性を見直さない限り、いつまでたっても自分の人生を生きることが出来ません。

加えて、人生の後半を安定的に生きることを考えたら、40代以降の人生を占う30代という年代で、今やっていることがすべて「掛け捨て」の状態になっているのは賢明ではありませんよね。保険ではありませんが、今スグ見直すべきですよ。

 

難しく考えない。『とりあえず』でいい。

この機会に『やればやるだけ経験や実績が積み上がっていく仕事』にも目を向けてみて下さい。

まずは、とりあえずでも「自分は何を専門にしていくのか、どういう分野に特化していくのか」ということを決めてみるといいでしょう。

知識や経験が乏しい20代のうちは、それがまだ難しいかもしれません。しかし、30代になったら、とりあえず一つに絞ってみましょう。そして、取り組んでみて違ったら次に行けばいいのです。それくらい気軽な気持ちで始めてみることがコツですよ。

たとえ『とりあえず』であっても、決めないよりはずっとマシ。決めないままでいると、30代も、20代の延長をダラダラ生きることになりかねないからです。

自分の「才能の棚卸し」をする。

自分一人で考えているだけでは方向性が定まらない、どうしたらいいのかわからないという人は、個別相談窓口より「転職・就活・起業コース」をご利用下さい。プロによる客観的な視点から自分自身の才能を確認することが出来ますよ。

自分の才能のことになると、なかなか自分ではわからないもの。主観による思い込みが、大きな「才能の勘違い」を生んでいるケースも珍しくありません。

自分の才能や、自分に合う仕事が知りたい方に読まれている記事

自分に合う仕事適職が知りたい!無料の『職業適性診断』

【相談】転職を繰り返す女性、自分に合う仕事を見つけたい!

「自分に合う仕事がわからない…」今すぐ出来る無料適職診断

【女性が自分で出来る適職診断】自分に合う仕事業種はコレ!

たっぷりの時間と静かな場所を確保して考える

スグに答えを求める姿勢ではなかなか難しいので、たっぷり時間をかけて自分自身と向き合ってみて下さい。

なかなか上手く考えられなかったり、考えが停滞してしまった時などはプロの助けを借りるなどして、自分自身の才能の棚卸しを行ってみて下さい。

そして、とりあえず「これにしてみよう!」と一つに絞って取り組んでみましょう。たとえ違っても、その経験から「自分に合っていないことは何か」ということが学べます。それを避けられるだけでも、人生の質は高まりますよ。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧