当サイト初の書籍化!詳しくはコチラ

独身女性の3割以上が望んでる!?【専業主婦の落とし穴】

今回は、『女性がこれからの時代を生き抜くためのポイント』についてお伝えいたします。

女性
もう働きたくない。いっそのこと専業主婦になりたい。
大森
ちょっと待って下さい。それ、本気で言ってますか?

「専業主婦希望」が叶わない時代へ

働くのはイヤだけど食べていくためにはお金が必要。それなら結婚して専業主婦になるのが一番手っ取り早い。そう考える女性は昔も今も一定数いますが、これからの時代を生き抜くためには、女性も“働ける限り働く”という姿勢が必要になってきます。

厚生労働省のアンケート調査によると、3人に1人以上の女性が「専業主婦になりたい」と回答したそうです。

一方、男性の5人に1人が配偶者には「専業主婦になってほしい」と回答しています。

夫婦の価値観が一致すれば問題ありませんが、統計的には『専業主婦になるのが難しい時代へ突入している』と読み取ることもできます。

理想の専業主婦になれる確率は1%!?

専業主婦を希望する女性たちが、理想の専業主婦像を手に入れられるかというのも疑問です。

なぜなら、安心して暮らせる専業主婦になろうとすると、最低でも年収800万円以上の男性と結婚する必要があるからです。

年収800万円といっても、手取りにしてしまうと600万円程度。しかも、年収800万円以上の未婚男性はデータによると『100人に1人』わずか1%にすぎません。

主婦業をこなしながら昼間も働きに出る状況になれば、あなたが望む専業主婦ライフとは大きく違ってしまうのではないでしょうか。専業主婦が必ずしも幸せであるかというと決してそうとは限らないのです。

充実ライフのカギは、「自立」という考え方

時間がたっぷりある(焦りが全くない)という女性が、わずか1%程度にすぎない高収入未婚男性を射止めるために時間と労力を費やすことに否定はしません。

ただし、時間は止まらないということを忘れないで下さい。理想の男性を探し続けていると(小さい可能性にばかりエネルギーを注いでいると)そのまま婚期を逃してしまう可能性もあります。

そんな悲劇を生まないためにも、パートナーを頼ることばかり考えず、自立することを目指しましょう。それは『たとえ結婚しても同じ』ですよ。

年収4〜500万円の男性と結婚しても、あなたに年間300万円程度の収入があればいいのです。

自立した女性は、結婚のチャンスも広がる(パートナーの年収制限が緩和される)ということでもあります。パートナーよりも高収入になることを目指すくらいの気持ちがあれば、婚活もうまくいきやすいでしょう。

女性がこれからの時代を幸せに生き抜いていくためには自立するべし。ぜひ、心に留めておいて下さいね!

個別相談

マンツーマン制の個別相談も承っております。仕事のこと、恋愛のこと、家庭のこと、まとめてご相談いただけます。

 

女性専門のお悩み相談窓口、個別相談の詳細はコチラへどうぞ。