自分に向いている仕事がわからない女性向け『無料の適職傾向診断』

自分に向いている仕事がわからない女性向け『無料の適職傾向診断』

今回は、自分に向いている仕事がわからない女性に向けて『無料の適職診断』をご提供致します。

自分の心的傾向(=心の癖)をチェックしながら、“向いている仕事”や“合う職場環境”を見つけて下さいね!

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。(※キャリアコンサルタント【登録番号17039543】)

【無料の適職診断】

大森
以下7つの質問に「」「」の二者択一でお答え下さい。

最後にそれぞれのチェック数を集計します。

質問1
:批判されても冷静でいられるほうだ


:批判されると感情的になってしまうほうだ

質問2
:計画を立てた通りに進めるのが得意である


:計画を立ててもその通りに進めるのは苦手である

質問3
:悲しいニュースを見ても、あまり感情移入しないほうだ


:悲しいニュースを見ると、ひどく感情移入してしまうほうだ

質問4
:相手の問題に干渉したり、介入したりしないたちだ


:相手の問題に干渉したり、介入してしまうほうだ

質問5
:人の悪い面に目が向きやすく、批判的になりやすい


:人の良い面に目が向きやすく、楽観的に相手を判断しやすい

質問6
:結果が伴わなければプロセスや頑張りに意味はない、結果が全てだと思う


:結果が伴わなくても、プロセスや頑張りは評価されるべきだと思う

質問7
:地図が読める女性に分類されると思う


:地図が読めない女性に分類されると思う

以上で質問は終了となります。大変お疲れ様でした!

さて、あなたは「と「のどちらの数のほうが多かったですか?

【結果発表】「A」の数が多かった人は?

まずは、「の数が多かった人の結果から発表します!

A

」の数が多かったあなたが能力を発揮しやすい仕事分野は、

  • 会社の方針に忠実な判断が求められる仕事
  • 大きな責任がある仕事
  • 安全性を保持する仕事
  • 冷静さを求められる仕事
  • 高度な問題を解決する仕事
  • ものづくりなど技能を追求する仕事 など。

【結果発表】「B」の数が多かった人は?

それでは、次に「の数が多かった人の結果を発表しましょう。

B

」の数が多かったあなたが能力を発揮しやすい仕事分野は、

  • 人の感情を扱う仕事
  • 店舗での対面販売
  • (法人ではなく一般消費者向けの)顧客営業
  • お客様と直接やりとりが出来る仕事(お客様が喜んでいる様子を直接確認できる仕事)
  • 新規プロジェクトの立ち上げメンバーの一人になる など。

本気で『自分に向いている仕事』を見つけるには?

自分の『興味(=好きなこと)、価値観(=大切なこと)、能力(=出来ること)』とマッチする仕事を選ぶことが、自分自身で「今の仕事が自分に一番向いている気がする」という実感を手に入れる最も簡単な方法です。