当サイト初の書籍化!詳しくはコチラ

自分に向いている仕事がわからない女性向け『無料の適職傾向診断』

自分に向いている仕事がわからない女性向け『無料の適職傾向診断』

今回は、自分に向いている仕事がわからない女性に向けて『無料の適職診断』をご提供致します。

自分の心的傾向(=心の癖)をチェックしながら、“向いている仕事”や“合う職場環境”を見つけて下さいね!

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

【無料の適職診断】

大森
以下7つの質問に「」「」の二者択一でお答え下さい。

最後にそれぞれのチェック数を集計します。

質問1
:批判されても冷静でいられるほうだ


:批判されると感情的になってしまうほうだ

質問2
:計画を立てた通りに進めるのが得意である


:計画を立ててもその通りに進めるのは苦手である

質問3
:悲しいニュースを見ても、あまり感情移入しないほうだ


:悲しいニュースを見ると、ひどく感情移入してしまうほうだ

質問4
:相手の問題に干渉したり、介入したりしないたちだ


:相手の問題に干渉したり、介入してしまうほうだ

質問5
:人の悪い面に目が向きやすく、批判的になりやすい


:人の良い面に目が向きやすく、楽観的に相手を判断しやすい

質問6
:結果が伴わなければプロセスや頑張りに意味はない、結果が全てだと思う


:結果が伴わなくても、プロセスや頑張りは評価されるべきだと思う

質問7
:地図が読める女性に分類されると思う


:地図が読めない女性に分類されると思う

以上で質問は終了となります。大変お疲れ様でした!

さて、あなたは「と「のどちらの数のほうが多かったですか?

【結果発表】「A」の数が多かった人は?

まずは、「の数が多かった人の結果から発表します!

A

」の数が多かったあなたは、『客観タイプ』です。

個人的な感情をまじえず、客観的に物事を判断する傾向があり、情報の本質を見抜く力があります。

一方、時に相手の気持ちを推し量る前に率直にモノを言いすぎて不愉快な思いをさせてしまったり、周りから傲慢な人間に思われてしまうこともあるようです。

それでも、発言が客観的な視点から冷静に語られる正論であることが多いため、最終的には意見が相手や周囲に認められ、次第に『意見を求められ頼られる存在』になることも珍しくありません。

仕事においてもあまり感情に惑わされないため、自分や相手の感情よりも、その仕事自体や組織全体において自分の下す判断が「正しい選択かどうか」ということのほうに強く意識が向きます。

そういう観点では、『会社の方針に忠実な判断が求められる仕事』などは客観タイプのためにあるような仕事と言えるでしょう。

また、『大きな責任がある仕事』『安全性を保持する仕事』なども、ご自身の好き嫌いは別として能力を発揮しやすい仕事と言えます。『冷静さを求められる仕事』が性に合う人も多く長続きしやすいのも特徴です。

他にも、『高度な問題を解決する仕事』などにおいても高いパフォーマンスが期待できます。例えば、問題や改善点を見つけて指導・助言して解決に導くようなコンサルタントなどは具体的な適職の一つと言えそうですよ。

少し意外に思う方もいるかもしれませんが、実は『ものづくり』の分野でも活躍できる才能があります。基本的に結果を重視する傾向がありますので、とびきり優良なものを生み出すことも可能でしょう。

ただし、プロセスよりも結果を重視しすぎて“楽しいはずのものづくりを楽しむことが出来ずに長続きしない”ということもありますので、そのあたりのバランス感覚は必要になってくると思います。

【結果発表】「B」の数が多かった人は?

それでは、次に「の数が多かった人の結果を発表しましょう。

B

の数が多かったあなたは、『主観タイプ』です。

個人的な価値観や感情をもとに物事を判断する傾向があり、そのジャッジも早いのが特徴です。

「好きだからこっちがいい、楽しそうだからあっちがいい」という感じで自分の気持ちに素直に行動される方が多いようです。

また、相手の気持ちを察する能力にも優れています。

おそらく、「相手がどうしてそのような行動をとるのか」「周りの人がどんな気持ちでいるのか」など、人の気持ちがよくわかる方も多いのではないでしょうか。

そのぶん相手の気持ちを考えすぎて心が疲弊しやすい傾向もあるようです。

主観的な特性が強すぎると、その時々で感情に流されやすくなります。

周囲の影響を受けやすく感情が乱れやすい人は、往々にして「人柄は良いけれど、重要な仕事を任せるにはどことなく不安な人」という立場をつくりやすいので注意が必要です。

それでも、心根の優しさや人としての温かさを感じさせるところが多く、周囲の人に愛されながら『ムードメーカー的な存在』になることも珍しくありません。

仕事においても個人的な価値観や感情が強く働くため、例えば「ルール」よりも『人の気持ち』を優先させてしまうことがあります。

会社の利益を考える前に“まず目の前のお客様の利益”を考え、人間味があり、情も深いため『人の感情を扱う仕事』などは主観タイプのためにあるような仕事だと言えます。

例えば、『店舗での対面販売』『(法人ではなく一般消費者向けの)顧客営業』など、『お客様と直接やりとりが出来る仕事(お客様が喜んでいる様子を直接確認できる仕事)』は、ご自身の好き嫌いは別として能力を発揮しやすい仕事です。

また、お客様に「ありがとう」と言われることが何よりの財産だと心底思えたりするため、仕事も長く続くケースが多いようです。

他にも、チーム(仲間)意識の強い職場環境にいるとイキイキし、仕事へのモチベーションを維持し続けることが出来ます。

例えば『新規プロジェクトの立ち上げメンバーの一人になる』など、自然と結束力が必要になる環境の中に入ると自分の居場所をすぐに見つけることが出来るでしょう。

一方、個人プレーで行う仕事が続くとやりがいが低下しやすい傾向もありますので、仕事の進め方やスタイルに関する事前の情報収集は仕事を選ぶ上で重要になってくると思います。

※本記事で使用している『診断』は、医学的に基づいた内容を提供するものでは一切ございませんので予めご了承下さい。

本気で『自分に向いている仕事』を見つけるには?

自分の『興味(=好きなこと)、価値観(=大切なこと)、能力(=出来ること)』とマッチする仕事を選ぶことが、自分自身で「今の仕事が自分に一番向いている気がする」という実感を手に入れる最も簡単な方法です。