「仕事は好きだけど、給料低っ!!勤続7年でコレ!?」29歳女性の叫び

「仕事は好きだけど、給料低っ!!勤続7年でコレ!?」29歳女性の叫び

 

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

大森篤志

今回は、「仕事は好きだけど、給料が低くて…」と悩む女性にアドバイスしたいと思います。

 

まずハッキリ言っておきます。

仕事を「好き」って言えるのは、メチャクチャいいこと!!

だって、「好き」の延長線上には『無限の可能性』が広がっているから。

 

実は、給料以上の価値をもらってる!?

「好き」という感覚をお金で買うとしたら?

きっと、すごく高いはず。

ジャニーズが好きなら、コンサートにいくらだって費やしたいだろうし、洋服が好きなら毎日だってショッピングを満喫したいもの。

何が言いたいかというと、「好き」を継続させるのは『ものすごくお金がかかる』ってこと。

仕事が好きで7年続けているのなら「相当な大金をつぎ込んでいるようなもの」なわけです。実際は、そうじゃないけどね。あくまでも考え方としてです。

例えば、実際の月給が20万円なら、それは「好き継続料10万円/月」を支払った上での月給20万円なんじゃないの?っていう考え方。

つまり、好きな仕事を続けられることには『月給30万円の価値がある』ってことなんだと思う。まさに、給料以上の価値があるわけなんですよ。

好き継続料を毎月10万円会社に支払っているのに、毎月20万円も給料がもらえる。これって、ありがたいことだし幸せなことじゃないですか?

僕の周りにも「今の仕事が好きで他の仕事は考えられないけど、給料は全国平均以下」って人がいるけど、ホントいい顔してます。

好きなことを仕事にできている人は、イキイキしていて魅力的に見えるものなんですよね。

 

そうは言っても「お金」も大事。

「まあ、好きが素晴らしいことはわかりますけど…」って思う人もいるでしょう。

もちろん、そうは言ってもお金も大事ですよ。それを否定しているわけではないんです。

お金は、人生を豊かにする一つであることは間違いないと思います。

お金がないために、好きなことを諦めなければいけなかったり、家庭が壊れてしまうことだってありますからね。

当然、最低限の「お金」は必要です。

理想は、『好きなことをやりながら、そこそこ稼げている』状態。

これなら、あなたも納得ですよね?

では、理想に近づくためのアドバイスを4つほど。

 

1. 今の環境を分析せよ!!