「仕事は好きだけど、給料低っ!!勤続7年でコレ!?」29歳女性の叫び

今回は、「仕事は好きだけど給料が低いという女性の悩みにお答えいたします。

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

まず最初にはっきりお伝えしておきます。

仕事を「好き」と言えるのは、とても幸せなことなんですよ。「好き」の延長線上には『無限の可能性』が広がっているんです。

実は、給料以上の価値をもらっている!?

「好き」という感覚をお金で買うとしたら、きっと“めちゃくちゃ高額”になるはずです。

例えば、ジャニーズが大好きな人はコンサートが開催される度に、旅行が大好きな人は毎週だって行きたいもの。「好き」を継続させるためにはそれだけお金も必要になります。

つまり、仕事が好きで7年続けているのなら『相当な大金をつぎ込んでいるようなもの』とも言えるんですよ。

会社という場所や他のスタッフたちの知恵や技術などを借りながら好きなことに取り組ませてもらえる。それらのレンタル使用料(好きを継続する料金)が月間10万円かかると考えたら、実際の月給が20万円であったとしても、それはもう『月給30万円の価値がある』のではないか、と私は思います。

レンタル使用料(好きを継続する料金)を無料にしてもらい、かつ毎月20万円もらえる。そのことに感謝できない、喜べないのは悲しすぎますよね。いずれにしても、好きな仕事を続けることには、給料以上の価値があるんですよ。

私の周りにも「今の仕事が好きで他の仕事は考えられないけど、給料は全国平均以下」という人が結構いますが、本当にいい顔をしています。

そうは言っても「お金」も大事。

もちろん、そうは言ってもお金は大事ですよ。最低限の「お金」は絶対に必要ですし、給料が低いことをいたずらに正当化するつもりもありません。

お金がないために、好きなことを諦めなければいけなかったり、家庭が壊れてしまうこともあります。そういう意味では、人生を豊かにする一つの手段としてお金があることは間違いありません。

しかし、お金に振り回されてはいけない。違いますか?

好きなことをしながらも標準レベルの生活ができるのなら(生活に困らないのなら)、それはすでに幸せな状態にあるのではいでしょうか。

今よりも少し給料が上がれば“そう思える”という人は多いと思います。そこでここからは、今よりも状況を良くするためのアドバイスを4つお伝えします。

1. 今の環境を分析する

アドバイス①

大森
自分の置かれている環境をきちんと整理してみましょう。今の会社で給料をアップさせる方法が見つかるかもしれませんよ。

 

次のような点を上司や人事窓口等に確認してみることから始めてみるのもいいでしょう。

  • 昇格すれば昇給するのか?
  • 何をどのように評価されれば昇格・昇給できるのか?
  • 会社にキャリアアップの仕組みはあるのか?

昇格・昇給のポイントや人事考課についてきちんと把握した上で戦略を立てることが大切ですよ。

今の会社にいる限り給料が上がる見込みがないようであれば、他の手段を考える必要も出てきます。

2. 給与アップにつながる行動をする

アドバイス②(今の会社で給料アップが見込める場合)

大森
今の仕事のスキルアップにつながることを見つけましょう。関連する資格の取得を目指すのもいいですよ。

 

資格を取得する、人脈を広げる、セミナー等に参加する、スクールに通うなど、給料アップにつながる“行動”が大事です。

あなたが今は資格の取得や人脈を広げることなどに全く興味がなかったとしても、飛び込んでみると意外と面白くてハマってしまうこともよくあります。

「興味ないし…」と切り捨てないで下さいね。何もしないうちから「どうせ意味ない」と考えるのもダメですよ。

目的達成のための過程の一つとしてゲーム感覚で楽しんでみてはいかがでしょうか。

3. 「好き」を派生させる

アドバイス③(今の会社で給料アップが見込めない場合)

大森
今の会社での給料アップが絶望的なら、自分の職業能力を職場外で生かすことも考えてみましょう。

 

全く新しい分野で副業するようなことは現時点ではまだ考える必要はありません。

なぜなら、新しい知識や事業プラン、さらには実践レベルでの高いスキルなども必要だからです。

未知の世界に飛び込むやり方は、本業を続けながらですと結構大変であることを覚悟しておいたほうが賢明ですよ。(※但し、ある程度の時間と資金などが確保できて、どうしてもやりたいことがあるのであれば話は別です。そういうものがあるならむしろすぐに始めたほうがいいと思います。)

せっかく今の仕事が好きなのですから、その仕事から派生させたほうがずっと効果的だし効率的。それでももちろん、ツライことや厳しい壁にぶつかることもありますが、好きなら乗り越えられると思いますよ。

例えば、WEBデザイナーとして働いている人なら、知り合いのサイトをつくってあげるとか。もちろんお金は頂戴しないといけないけれど、それでも利益はゼロでもいいという感覚でね。

それが喜ばれて紹介で広まっていけば、本業とは別で「好きなことがカタチになる」わけです。土日に趣味程度に始めたことが、利益を上げられるまでになったり、独立のきっかけになることもあります。

仕事人としての価値を『職場の外でも高める』こと。そうすることで、収入アップ、さらにはキャリアアップにもつながっていくはずですよ。

4. 「好き」に集中する

アドバイス④

大森
自分に“できそう”というだけで安易に手を出してはいけません。自分の「好き」「楽しい」を信じて、それに向かっていくことが大切です。

 

自分が「好き」なこと、「楽しい」と思うことを突き詰めていくと、収入アップの道が開けてきます。

「好き」「楽しい」という感覚があれば、いくら力を注いでも疲れにくいですし、夢中になって続けることも可能ですよ。

「継続は力なり」という言葉があるように、続けることが成功への一番の近道なのです。