自分の才能がわからない30代女性が転職を成功させた方法。

自分の才能がわからない30代女性が転職を成功させた方法。

転職や起業を考えている30代の働く女性へ。「自分の才能が何かわかりますか?」

 

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

 

自分にこれといった才能がないことに気づくのが30代

人生の後半を占う意味でも、30代のうちに「自分の持てる力を惜しみなく発揮できる仕事に集中して取り組む」ことが重要です。

しかし、ほとんどの人たちが、自分の力を最大限発揮できる仕事は何なのか、どういう職場環境が自分をイキイキさせるのか、そういう肝心なことがわからないまま、目の前のことに追われているのが実情です。

20代のうちに自分で考えつく自分の才能といえば、せいぜい「人と接するのが好きだ」「事務作業は向いていない」などというような単純なものではないでしょうか。

そして、30代になると、それを才能だと思っていた自分が恥ずかしくなって、ようやく真剣に自分の才能について考え始めるのです。

けれども、自分の得意なこと、これまでの経験や知識、身に付けた技術などを一つ一つ紙に書き出して吟味してみると、どれをとっても中途半端に思えてくるものです。これといった才能がないことに気づくのが30代と言ってもいいでしょう。

社会経験がないこと、まだ自分に何もないことを良い意味で言い訳にしながら、「自分の才能は若さだ」「自分は真っ白いキャンバス。これから何色にでも染まれるのが自分の才能だ」などと、ある意味では『開き直れた』のが20代。

一方、30代は、いろいろと中途半端に手を出して、中途半端な知識や技術が残っている状態であることが多いもの。良く言えば、成長過程であるがゆえに、どれをとっても『中途半端に思える』のかもしれません。

 

「小さな才能」をかけ合わせて相乗効果を生み出す

一つ一つの才能がそれほどずば抜けていなくても、それらの相乗効果を利用すれば、自分だけのオリジナルな才能(強み)になるものです。

多くの人たちは『何か一つのことで突出しなければ成功できない』と勘違いしてしまっているのかもしれません。

例えば、スポーツの世界でも「名プレーヤーだったけれど名監督ではなかった」とか、世界的なスピーカーでも「話しは一流だけれど聞くは二流だった」とか、画家でも「人物画は上手かったけれど風景画は下手だった」など、才能のバランスはともかく「突出した何か一つのことで偉業を成し遂げてきた」という成功者ばかりを見たり聞いたりしてきたこともあるのでしょう。

しかし、それだけで成功するのは、ごく限られた人たちです。

それよりも、プレーヤーとしてもマネージャーとしても成績優秀。話す時も聞く時も相手を魅了する。あれしかできないのではなく、あれもこれも、実はそれもできる。そういう相乗効果を利用すれば、ほとんどの人が自分にしかない才能(強み)を見出せるのではないでしょうか。

「これまでやってきたことは一つも無駄じゃなかった!」そう思えるやり方で自分の才能を見つけてみてはいかがでしょうか。

30代から意識して『小さな才能をかけ合わせること』をした人としない人とでは、転職や起業なども含め、キャリアアップするうえで大きな差が出てきますよ。

ぜひ、30代の今から自分の小さな才能を知り、かけ合わせてみて下さい。

【適職診断】自分に合った仕事探し「質問7つに答えるだけ」

ぶっちゃけ、自分に合った仕事って自分自身でわかるの?【適職診断】

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧