自分に合った仕事、合っていない仕事。40代働く女性の分かれ道

自分に合った仕事、合っていない仕事。40代働く女性の分かれ道

40代になったら、いつまでも自分に向いていない仕事を続けていてはいけない?

 

大森篤志

一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

40代は、自分の仕事において「これは向いている」「あれは向いていない」と思い切って判断していかなければならない年代であると私は思っています。

なぜなら『いつまでも向いていない仕事を続けて不幸になっている時間はない』からです。

本記事を読みながら、改めてご自身の「向いている仕事と向いていない仕事」をはっきりさせてみて下さい。

 

40代だからわかる。自分の向き不向きをはっきりさせるコツ

自分の向き不向きを判断すると言われても「どうしたらいいのかわからない」という人も多いはず。判断しようにも「自分のことが一番よくわからない」という人も少なくないのではないでしょうか。

10代、20代、30代で答えが見つからなかった方も、40代の今だからこそ見つかる可能性は高く、今改めて考える価値はとてもあります。

コツは、「向き・不向き」を『得意・不得意』に置き換えて考えることです。

自分の『得意なこと、不得意なこと』を紙に書き出してみましょう。

脳のイラスト12

難しく考える必要はありませんよ。

「得意なこと」とは『あまり努力しなくても他の人より上手くできてしまうこと』です。

一方の「不得意なこと」とは『今までどんなに努力しても上手くできないこと』です。

今までの経験・スキル・想いなどを考える要素に入れて下さい。休日の時間をたっぷり使って、じっくり考えてみましょう。

どんな人間にも向き不向きがある

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧