【便秘解消方法】「下剤で即効」よりも「○○で根本的改善」がいい。

b9723d23cfd2a26d0fe8c44266103aa0_m

 

こんにちは、ビーピーラボの大森篤志です。

大森篤志

ONもOFFも自然体で自分らしく輝く女性になる為には、『健康であること』が絶対条件です。

 

多くの女性が抱えている厄介なカラダの悩みと言えば?

 

そうです、『便秘』です!

便秘がひどくなると、仕事にも影響が出てきます。

  • 便秘のせいで「自然体でいられない」
  • 便秘のせいで「自分らしく過ごすことが出来ない」

そんなの悲しすぎますよね、涙。

 

そこで今回は、『便秘解消方法』についてお話していきたいと思います。

 

ところで、便秘の根本的原因って?

便秘と一口で言ってもあなどれません。

3日以上の便秘は当たり前、ひどい人になると2週間も排便がないという人もいます。

今では「便秘専門の外来」が存在するほど、ひどい便秘に悩まされている患者さんは非常に多いのです。

 

便秘の根本的原因。

それは、『自律神経の乱れ』です。

 

本来、排便の為に腸が内容物を押し出す働きをするのですが、

自律神経の乱れによってその機能が低下し、便をうまく排出できない状態になっているのです。

 

便秘になると、

  • 疲れやすく体調も悪い
  • 精神的にイライラする(怒りやすい)
  • 睡眠不足になる傾向がある

など、カラダにいいことは何一つありません。

 

下剤では便秘の根本的改善は出来ない。

便秘外来などで下剤を処方される場合もあるようですが、

便秘専門の先生方は『下剤では便秘の根本的改善は出来ない』と言います。

 

下剤の力で一時的に排便が行われたとしても、

腸の筋肉が自律神経によって正常にコントロールされる状態に戻さなければ意味がないのです。

 

大事なのは、『腸内環境の改善』です。

 

基本的に便秘状態の腸内は「悪玉菌」が増えてしまった状態。

腸内を「善玉菌」の多い状態に変えれば、

消化吸収の効果がアップし、自律神経の乱れも改善させることが出来るのです。

 

そして、腸内環境を改善してくれる強い味方といえば、

やっぱり『ヨーグルト』ですよね!

 

ヨーグルトには、ビフィズス菌などの善玉菌を増やす働きがある乳酸菌が多く含まれています。

整腸剤に乳酸菌を主成分とするものが多いのは、このためです。

 

毎日100g~200g程度のプレーンヨーグルトを食べる習慣を身につければ、

便秘によって悪玉菌が増えていた腸内環境が『善玉菌の多い正常な腸内環境』へと徐々に変化していきます。

何事もそうですが『継続が大事』です。

手軽に善玉菌がとれるサプリメント等もありますので、継続出来るスタイルを自分なりに見つけていくのもいいでしょう。

 

『悪玉菌を増やしてしまう怖れのある食品』とは?

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ