当サイト初の書籍化!詳しくはコチラ

40代から幸せになる女性と不幸になる女性の分かれ道

40代から幸せになる女性と不幸になる女性の分かれ道

40代からもっと幸せになる女性と不幸になってしまう女性の違いとは?

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

40代の働く女性に多い心理傾向

「これまで以上に自分を磨き、どんどん新しいことにチャレンジしていく!」と、なりたい自分をイメージして理想の未来を描こうと試みてはいるけれど、現実に引き戻されてしまい結局これまでの延長線上から抜け出せない…。

女性の40代ともなると、それなりの経験を経て、今の会社で勤続年数が10年を超える人も少なくありません。そのため、職場ではベテランの域に入っていることも多く、希望していない管理職を押し付けられて「割に合わない業務量をこなす毎日で疲弊している」という女性管理職や、出産や子育て後に割と早い段階で職場復帰したため「時短勤務を余儀なくされて以前より待遇面が悪くなった」という働くママなども多く、現実には『チャレンジどころではない』のが実情です。年齢的なハンデを少なからず感じており、転職や起業に対しても積極的になれないと話す女性も目立ちます。

独身女性なら「リスクヘッジ(何か問題が起こった時に備えてコツコツ貯金する 等)」の心理が強く働き、働くママなら「家計のやりくり(住宅ローンや子供の教育費 等)に追われやすいため安定を求める傾向がある」ことは容易に想像がつきます。40代の働く女性の多くが『ついつい無難な道を選んでしまう』のも無理はありません。

先輩の50代女性が今思う「40代の時の後悔」とは

米コーネル大学の心理学教授「ギロヴィッチ博士」は、人間は失敗したことよりも行動しなかったことを後悔すると言っています。

また実際に、私は50代の女性からもご相談を頂くことが時々あるのですが、50代になって40代をあらためて振り返った時、次のように思われる方が多いようです。

  • 「周囲の目を気にせず、もっと自分の思うように行動すればよかった」
  • 「無難な道を選ばず、思いきってチャレンジすればよかった」
  • 「まだ早いと思わず、さっさと好きなことを始めるべきだった」

これらはなにも、大きな失敗を抱えた方や経済的にあまり余裕がない50代以上の女性たちだけの後悔ではありません。

経済的な余裕を手に入れた年配の経営者や役員クラス、自分の好きなことで起業した女性たちでさえ、同じような後悔を口にしているのです。

現代社会は、安全な道を見極め、そつなく仕事をこなす40代で溢れています。先行き不透明なご時世ですから、それは仕方のない、ある意味では自然現象なのかもしれません。しかし、そのことがチャレンジへの足かせとなり、40代を後悔してしまう要因になっているのもまた事実です。

部下や後輩には「もっと勇気を出して」「挑戦しないと成長しないよ」などと言っておきながら、それが自分のことになるとさっぱり。おそらく「ヘタに挑戦して失敗したら今まで積み上げてきた人生が崩れてしまう」という怖れがあるのでしょう。やっと見つけた居場所を失ってしまうのが怖いから新しい挑戦に踏み切れないのです。

40代からもっと幸せになる女性とそうでない女性との分岐点

Street-View-icon

これまでの延長線上を無難に進むのか、自分の気持ちに正直な道を選んで進むのか。40代という人生の後半を守りで固めるのか、それとも積極的に攻めていくのか。すべてはその選択次第です。

とはいえ、どの道を選ぶのが良い悪いという話ではありません。これまでの自分を一旦きちんと整理し、自分のキャリアビジョン(働き方・生き方・なりたい自分など)に合った選択をすることが大切なのです。

40代は「人生の折り返し地点」と“以前は”言いましたが、今は人生100年時代に突入しているため「人生の折り返し地点」はさらに10年ほど先になりつつあります。今の40代は『まだ半分以上も人生が残っている』と言えそうですよ。40代を自分のキャリアビジョンを見直す絶好の機会と捉え、自分が納得できる進路を選択して下さい。

40代女性の働き方・生き方のお悩み個別相談

マンツーマン制の個別相談も承っております。仕事のこと、恋愛のこと、家庭のこと、ご自由に組み合わせてご相談いただけます。

 

女性専門のお悩み相談窓口、個別相談の詳細はコチラへどうぞ。