職場でウザイ女だと思われてない?【めんどくさい性格を直す方法】

c25ca3fcf0359f92c61f54e330e03723_s

 

今回は、『めんどくさい女の特徴』についてお話したいと思います。

 

大森篤志

こんにちは、BPLaboの大森篤志です。
「めんどくさい女は男から嫌がられる」と自覚している女性は多いと思います。

でも、めんどくさい女が嫌がられるのは、何も恋愛においてだけではありません。

仕事だって同じです。

 

ズバリ言いますと、

『めんどくさい女を卒業するとONもOFFもうまくいく』のです!

 

今の貴女は、めんどくさい女ですか?

それとも、竹を割ったようなサッパリした女ですか?

それでは、さっそくチェックしていきましょう。

 

「ザ・めんどくさい女」の考え方とは?

「私、職場の皆から嫌われてると思います」

そう言い切る松子さん、37歳。

 

この考え方こそが、「めんどくさい女」の考え方なのです。

ここからは、大きく3つの考え方をご紹介していきましょう。

 

1.「私、職場の皆から嫌われてると思います」

職場の皆から嫌われていると思っていると、皆が自分を無視したり、悪口を言っているように見えてくるもの。

職場の同僚同士が小さな声で会話をしているのを見ただけで、「私の悪口を言っている」という勘違いをしてしまうのです。

たとえ、その会話の真相が「うちの旦那が…」という自分とは無縁の話であったとしても。

他にも、周りから嫌われていると思っているから、仕事の出来を褒められても「心にもないくせに」なんて思ってしまい、素直に喜べなかったり、ご飯に誘われても「私は結構です」と突っぱねちゃったり。

めんどくさい女は、物事を自分からどんどん複雑にしてしまうのです。

 

2.「私って、いつも評価されないんです」

誰からも評価されないと思っていると、どんなに頑張っても自分の頑張りに気付いてくれる人がいないように感じたりします。

そして、「こんなに頑張っているのに誰も見てくれない」と拗ねてしまうのです。

でもそれは、「これまでずっと評価されることがなかった、だからこれからも評価されることはない」と思い込んでいるから、本当は評価されていても「評価された」という現実を素直に受け取ることが出来ないだけなのかもしれません。

「私は評価されない」と決めつけてしまうと、『自分の目の前で起こる出来事が歪んで見えてしまう』のです。

 

そして、その歪みっぷりもすごい!苦笑。

自分なりに頑張って結果を出しているのに、結局、要領のいい人や甘え上手な人ばかりが可愛がられて…いつも自分は評価されない気がして、ずっとモヤモヤ。

だからといって、そんなふうにしてまで評価されたいとも思わない「あまのじゃく」なところも。

そんなふうに考えてしまい、自分を過少評価したり、他人を羨ましく思ったり、評価してくれない人を敬遠するようになったり。

せっかく仕事のチャンスが巡ってきても、「この案件は私でない方がよろしいかと」な〜んて断ってしまったり。

自分には能力がないと劣等感を感じるのはイヤなくせに、でもそれでいてチャンスを断るとちょっと安心している自分もいたり。

ハイ、やっぱり物事が複雑になっちゃうようです。

 

3.「私、今の仕事が向いていないのかもしれません」

今の仕事は自分に向いていないと思っていると、本当に人からそう言われてしまったり、そう思い知らされることが起きたりします。

仕事のミスや失敗は誰にでも起こりうることなのに「きっと、私だからミスをしたんだ」と決めつけてしまったり、失敗して「次、頑張ればいいよ!」と励まされても「私、見切られてるかも?」と感じてしまうのです。(←完全に被害妄想ですね)

ん〜、やっぱり目の前の出来事が歪められていますよね。

向いていないと決めつけることで、もし失敗して怒られても傷口が小さくて済むように自分を守っているのでしょう。

事実とは違った歪んだモノの見方をする。それが「めんどくさい女の特徴」なのです。

 

目指せサッパリ女子!めんどくさい女から卒業するには?

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧