当サイト初の書籍化!詳しくはコチラ

ものごとが思うようにいかない本当の理由と対処方法

働く女性「営業、接客、販売」ノウハウ、コツ、コラム

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

大森篤志

物事が思うようにいかない人の多くは、頻繁に「◯◯できない」という言葉を使っています。

例えばこんなふうに。

  • 自分に自信を持つことができない
  • お客様とうまく会話をすることができない
  • 自分の意見を伝えることができない
  • 成果を上げることができない
  • 求められる行動をとることができない
  • 相手を叱る(褒める)ことができない
  • 物事をポジティブに考えることができない

本当にできないのか

心理療法の一つに『ゲシュタルト療法』というものがあります。

過去にはフォーカスせず、“今”にフォーカスし、今のありのままの自分を肯定的に捉え・認識していく代表的な心理療法の一つです。

その考案者であるユダヤ人の精神科医『フレデリック・パールズ』はこう言っています。

「できない」のではなく「しない」だけである。

「できない」のではなく『しないことを選択している』?

おそらく、しないことを選択することには“本人にとって何かしらのメリットがある”のでしょう。

例えば、相手を叱ることができないのであれば『相手を叱らないことを選択することで、嫌われて傷つくことから自分を守る』というメリットを得ています。

自分を守るための強い“信念”になっている場合も多いようですよ。

過去にバカにされた、批判された。そういう強い“人格を否定されたように感じたショック・嫌な思い出”によって心が閉ざされ、「しなければ傷つかずに済む」と信じて疑わない心的状態がつくられた可能性もあります。

「思うようにいかない」「思うように出来ない」人の理由と対処方法2

傷つくことから自分を守るために、心を閉ざす。

それが、「できない」のではなく『しない』を選択してしまう心理メカニズムなのです。

過去に縛られてはいけない

いきなりですが、質問させて下さい。

大森
起業すると収入が今の5倍になるとしたら、あなたはどんな感情を抱きますか?

 

「思い切って起業しよう!」と思える人がいる一方、「起業なんて無理」「5倍の保証なんてない」などと不安に思う人もいるでしょう。

不安に思うのは、小さい頃から両親に「安定した企業で真面目に働くべき」「お金のなる木はない」などと言い聞かされてきたからかもしれません。

幼少期の教えを信じたまま大人になっている人は、少しの壁でも「そんなに甘くない」と考え、挑戦を回避しようという心理が働き、結局は「動かない」、つまり『しないことを選択する』ようになる傾向があります。

実は、過去の苦く嫌な出来事に心が引っ張られて『しないことを選択している』場合がほとんどなのです。

大森
「できない」という不安は、今の課題に対してではなく、過去に反応しているんですよ。

自分の思い込みに気づく

「過去に反応しているだけ」という真実に気づくことができれば、「できない」という思い込みは緩和されます。

“思うようにいかない、思うようにできない”のは、過去を重視し、自らの意思でそう選択している可能性があります。

うまくいかなくなるような行動を選択していないか、できないと決めつけていないか、もう一度確かめてみて下さい。

必要であれば、親の教え、先生の教え、友人の教え、先輩や上司の教えなどを紙に書き出し、今の自分を縛っている教えがあるかチェックしてみましょう。

今の自分に必要のない“思い込み”を思い切って捨てる勇気が、自分の「できない」を『できる』に変える力になるのです。