「部下のことを褒めたいのに、なぜか褒められない…」本当の理由

長所に目を向けよう。

いいところを伸ばそう。

そう考えて部下を褒めるポイントを探そうとはしているけれど、なぜか短所や悪いところにばかり目が向いてしまう…。

そんな経験をしたことのあるあなたに、とっておきのお話をしましょう。

例えば、あなたが「仕事は慎重に進めるべきだ」というルールを持っていると、少しくらい仕事のスピードが遅くても「慎重・正確・丁寧」に進めている人であれば褒めることができます。

一方、仕事は早いけれど慎重さに欠ける人であれば褒められなかったりします。なぜなら、部下の慎重さに欠ける点があなたのルールに違反するため“どんなに仕事が早くてもそれは褒める点として映らない”からです。

同じように、「仕事は迅速にやるべきだ」というルールを持っている人は、たとえ仕事が「慎重・正確・丁寧」に進められていたとしても“迅速さが欠けていれば褒めることはできない”のです。

「部下の短所にばかり目が向いてしまうんです」という人は、自分の中のルールが多すぎるのかもしれません。

女性管理職のための記事・コラム・ノウハウ

そしてそれは、『他人にだけでなく、自分にも厳しすぎる』ということでもあります。

その厳しいルールのおかげで仕事のパフォーマンスが高まり続けているのであれば、それはそれで素晴らしいことなのですが、そのせいでいつもイライラしていたり、周りに悪い影響を与えるようになっていたとしたら注意が必要です。厳しいルールが現実を歪め、いたずらに問題を作り出してしまう危険性もあります。

あなたにとってのルールが相手にとっても同様のルールであるとは限りません。同じ出来事が起きても「全く問題にしない人」と「大問題と捉える人」がいるということも合わせて理解しておきましょう。

自分のルールがちょっと多いと感じたら、そのルールを少しだけ緩めてみませんか?

「慎重な人も、スピード感のある人も、どちらの人も良い結果は出せる」そんなふうに考えを緩めてみて下さい。自分の中のルールが緩和されれば、部下の行動でいちいち感情的にならずに済むものですよ。

また、部下の長所が見つけられずに褒めることができない場合は『部下を受け入れる』ことだけに専念してみて下さい。例えば、部下の行動を見たら「今日も仕事してるね!」と声をかける。良い悪いで判断しないことが大切です。「サボらずに取り組んでいるなら、それでいいよ」と肯定的に捉え、あとは信じて見守るようなイメージで部下と関わってみてはいかがでしょうか。