「わざとらしい…」と思われない為に使いこなしたい自然な褒め言葉

AMI88_tewoatatameru (1)

こんにちは、大森篤志です。

 

人をほめるとき、「くどくど」はNGです。

なぜなら、「わざとらしく聞こえるから」です。

 

そこで今回は、『シンプルなのに効く!!自然なほめ言葉』をご紹介したいと思います。

 

フレーズ:

  1. 「わかっていても、なかなかできないことですよ」
  2. 「そういうところ、尊敬してます」
  3. 「いいこと言いますね」

 

フレーズ①:「わかっていても、なかなかできないことですよ」

コツコツと努力をしている人、地味でもきちんとやり遂げる人などに対して用いるフレーズ。

それが、「わかっていても、なかなかできないことですよ」というフレーズです。

 

「コツコツやってますね」

「いつもよくやってるね」

などでもいいですが、相手の心をつかむには今ひとつ足りないように思います。

 

より相手の心に響かせたいのであれば、

「素晴らしいですね。わかっていても、なかなか続けられないことですよ」

と言ってあげてください。

 

相手の地道な努力を理解していないと言えない言葉ですから、

言われた相手は素直に「ありがとう」と言葉を返してくれるでしょう。

 

フレーズ②:「そういうところ、尊敬してます」

自分にはない相手の魅力をほめるときに用いるフレーズ。

それが、「そういうところ、尊敬してます」というフレーズです。

 

より具体的に

「大森さんのそういう考え方、わたしは尊敬してます」

などと用いるといいでしょう。

 

尊敬の対象(相手の名前、相手の考え方や言動など)を表現し、

フレーズ①の「わかっていても、なかなかできる人はいませんから」を付け加えてあげれば完璧です。

 

部下が上司に使うのも効果はありますが、

上司が部下に使うと驚くほど効果があります。

部下の美点に気づいたら、「そういうところ、尊敬するよ」とさりげなく伝えてみてください。

 

フレーズ③:「いいこと言いますね」

相手の話に関心したとき用いるフレーズ。

それが、「いいこと言いますね」というフレーズです。

 

相手を持ち上げると同時に、

  • 「あなたの話をしっかり聞いてますよ」
  • 「あなたの話を理解してますよ」

ということが相手に伝わり、インテリジェンスを感じさせるフレーズです。

 

ただ、一般的なことにも「いいこと言うね〜」と反応すると、それはそれでバカっぽいのでご注意を。

そういうときは、「確かに、そうですね」の方がいいでしょう。

 

相手の話に心から関心したのなら、

「○○さん、あなたは本当にいいこと言いますね」と相手を協調したり、

「へ〜、いいこと言うじゃない!!」と大きくほめるように言うと効果がありますよ。

 

【まとめ】「わざとらしい…」と思われない為に使いこなしたい自然な褒め言葉

人をほめるとき、「くどくど」はNGです。

シンプルな短いフレーズを使って、相手に良いインパクトを与えましょう。

 

フレーズ:

  1. 「わかっていても、なかなかできないことですよ」
  2. 「そういうところ、尊敬してます」
  3. 「いいこと言いますね」

 

ぜひ、上手に使ってみてくださいね。

それでは、また次回をお楽しみに!

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧