当サイト初の書籍化!詳しくはコチラ

職場で「この女、感じ悪っ!」と思われないために知っておくと便利な断り文句4つ

今回は、職場で感じ悪い人になりやすい断り下手な女性のために『相手の気分を害さない感じのいい断り文句』を4つご紹介します。

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

【1】はっきり断りつつ、謝意を忘れない。

女性
お役に立てなくて残念です。

 

感じのいい女性は、はっきりとお断りしつつ、相手に手間を取らせてしまった“おわびの心”も忘れません。

すぐさま「無理です」と答えると、“自分のことで精一杯、キャパが小さい人”という印象を相手に与えてしまいます。

相手が目上の場合、あまりにも返答を早くしてしまうと、「ちょっとは依頼に応える姿勢を見せなさいよ!」と怒られかねません。

いずれにしても、「できることならお引き受けしたかった」というニュアンスを含ませて断るのが、職場で感じのいい大人女子の断り方ですよ。

心を込めて残念な気持ちを伝えれば、あなたが職場で感じの悪い女性になることはありません。

【2】言い方に柔軟性を持たせる。

女性
なにとぞ、あしからずご了承ください。

 

感じのいい女性は、相手によって言い方を柔軟に変化させ、“メリハリのある大人女子”を演出します。

注意点
かしこまった言い方になるため、次につながらなくても問題のない相手に対して使うことが望ましいフレーズです。

「もう次はいいわ!」「もう結構よ!」という意味も込められているため、見知らぬ人からの電話であったり、押し売りされそうになった時にも使えますよ。

仕事上「もう結構です!」と強く言えない時は、あえて「なにとぞ、あしからずご了承ください」とかしこまった言い方をしてみてはいかがでしょうか。

【3】その場で断れる雰囲気じゃない時は、一旦持ち帰る。

女性
お話は承りました。

 

相手の要求や提案に対して、すぐに答えられない、あるいは答えたくない時に使える便利なフレーズです。

感じのいい女性は、その場の雰囲気を察し、一旦持ち帰ることも含めて適切な対応をとります。

注意点
「あまり乗り気ではない」というネガティブな印象を与えやすいため、一般的には『脈がないことを相手にさりげなく伝える』ときに使います。

 

また、単に「承りました」では『承知しました』という意味になってしまうため、「お話は」という言葉を必ず最初につけるようにしましょう。

【4】限定的に断る。

女性
今回は見送らせて下さい。

 

今回はきっぱりとお断りしつつ、相手に次回の提案をさりげなく要求する賢い断り方です。

感じのいい女性は、今回はきっぱり断りつつ、次回の可能性は残しておきます。

「断る」という言葉は使わずに「見送る」という言葉を使い、さらに「今回は」という言葉を付け加えることによって、『次回は引き受ける可能性がある』という意思を伝えることができます。

今後も相手との関係を深めていきたい時に使うといいですよ。

まとめ

  1. 「お役に立てなくて残念です」
  2. 「なにとぞ、あしからずご了承ください」
  3. 「お話は承りました」
  4. 「今回は見送らせて下さい」

今回ご紹介した4つの断り文句を参考に、ぜひ断り方の幅を広げて下さいね!