上品だと思って声に出すと「下品なオンナ」になってしまう言葉

 

今回は、上品だと思って声に出すと下品な女性だと思われてしまうフレーズをご紹介します。

「やります」は下品を連想させる

Aさん:「コレやってくれる人いますか?」

Bさん:「はい、私がやります」

このような会話のやりとりは実に多いですよね。

「やる」という言葉は、下品な行為を連想させます。

そのため「やります!」とだけ言うのは品位に欠けるのです。

こんなとき、大人の女性としては「します」や「いたします」を使いたいですね!

「承知しました。私がいたします」

と、サラリと返答できれば品格を保てるでしょう。

「お」を付ければいいってもんじゃない

「そうですか。休日は釣りをおやりになるんですね」

「ちなみに、料理はおやりになりますか?」

など、「おやりになる」を丁寧な言い方だと思って使っている人も多いようです。

しかし、「やる」という言葉に「お」を付けたところで品が出るわけではありません。

残念ながら、「お」を付ければ何でも品が出ると思ったら大間違いです。

こういう時は、

  • 「釣りをなさるんですね」
  • 「料理はされますか?」

と言うのが自然ですし、この言い方なら品格も保てるでしょう。

まとめ

  • 「はい、やります!」→ 「します」「いたします」
  • 「おやりになる」→ 「なさる」「される」

ぜひ、上手に使ってくださいね!