だから、あなたは「気にかけてもらえない女」になってしまう。

だから、あなたは「気にかけてもらえない女」になってしまう。

こんにちは、大森篤志です。

今回のコラムでは、『気にかけてもらえる方法』をご紹介します。

日頃から「愛されフレーズを使っていない女性」は、徐々に『気にかけてもらえない女』になってしまいます。

これからご紹介する愛されフレーズを日頃から使うようにしましょう。

 

愛されフレーズ:

  • 「そのお心遣いがとても嬉しいです」
  • 「いつもお心にかけていただき感謝しております」
  • 「いつも頼ってばかりで・・・」
  • 「相談して良かったです」

 

「ありがとうございました」だけでは伝わらない

相手に感謝の気持ちを伝えるとき、

ただ単に「ありがとうございました」とだけ伝えるよりも、

『何に対して感謝しているのか』を具体的に言葉にしてあげた方がより深く伝わるものです。

 

でも、具体的に何かをしてもらったわけではないときは、こう伝えてみましょう。

 

  • 「そのお心遣いがとても嬉しいです」
  • 「いつもお心にかけていただき感謝しております」

 

具体的な行為やカタチあるものを受け取ったわけではないけれど、

いつもさりげなく気にかけてくれていたり、

こちらの状況を配慮してくれたり、気持ちを察してくれるような対応をしてもらったのなら、

相手の「お心遣い」や「お心にかけてくれていること」が感謝の対象だということです。

 

「ありがとう」一辺倒ではなく、ときにはこういった品格フレーズを使ってみてくださいね。

 

頼ってしまうのは『信頼』しているから

頻繁に助けてもらったり、お世話になっている相手に対して感謝を伝えるフレーズ。

それが、「いつも頼ってばかりで・・」です。

 

頼り過ぎて申し訳ない気持ちも合わせて表現したいのなら、語尾に「恐縮です」と付け加えてもいいでしょう。

また、「○○さんには、いつも頼ってばかりでして。感謝しております」と、間接的に用いるのも効果的です。

 

ただ、ビジネスシーンで「いつも甘えてばかりですみません」などと表現する方もいるようですが、

「甘える」という言葉は「恋人に甘える」や「親兄弟に甘える」ということを連想させるためビジネス向きではありません。

 

一方、「頼る」という言葉は「相手を信頼する」という意味でもありますので、

ビジネスシーンや自分と近すぎない相手に合った表現だと言えるでしょう。

 

実は…相談に乗る側にも不安がある!?

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧