その話し方では、電話をすぐに切られてしまう。

その話し方では、電話をすぐに切られてしまう。

こんにちは、大森篤志です。

このコラムでは、『電話でよいインパクトを与える言葉』をご紹介します。

 

品格フレーズ:

  • 「○○様に電話を受けていただいて良かったです」
  • 「お電話が遠いようで」
  • 「おことづてをお願いできますでしょうか」

 

一にも二にも、最初に惹きつけるべし

話しをしたい相手が電話を受けてくれたときに用いるフレーズ。

それが、「○○様に電話を受けていただいて良かったです」というフレーズです。

「あなたと電話がつながって良かった」ということが伝われば、「○○様が電話に出てくださって良かったです」など、言葉の使い方が変わっても問題ないでしょう。

人は、相手に喜ばれると嬉しい生き物です。

それは、たとえ電話であっても同じこと。

「あなたが私の電話に出てくれるなんて、嬉しい〜!!」という気持ちをまず伝えるのがコツです。

嬉しいと言われて、相手は悪い気はしませんよね?

「あ〜、そうですか(苦笑)。で、要件は?」という返答が返ってくるかもしれませんが、内心では「そんなに嬉しいのなら、少しは話しを聞いてやってもいいか」と思ってくれているものです。

「で、要件は?」と言ってくれれば、「話していいよ」ということでしょうから、すぐに電話を切られることはありません。

◆ あなた

「○○様でしょうか?」


◇ 相手

「はい、そうですが」


◆ あなた

「○○様と直接つながって良かったです」


◇ 相手

「えっ?あ、そうですか。で、要件は?」

 

こんなふうにやりとりできれば、あなたの伝えたいことを最後まで聞いてくれることでしょう。

慣れるまでは、少々わざとらしくなってしまいがちですから、何回か練習してみるといいですね。

 

この微妙な感覚を持てるかがカギ

次に、電話はすぐに切られなかったものの、話しの途中で相手の声が聞きづらいときに使うフレーズ。

それが、「お電話が遠いようで」というフレーズです。

このときに、

  • 「あの、もう一度お願いできますか?」
  • 「少々、聞き取りにくいのですが・・・」
  • 「お声が小さいようで・・・」

などの発言は禁物です。

なぜなら、聞こえにくいのを相手のせいにしてしまうからです。このような失礼な物言いは電話を切られる原因になります。

「お電話が遠いようで・・・」と言って、電話のせいにするのがマナーだと覚えておきましょう。

 

電話口で品が出る!品格フレーズとは?

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧