『同僚女性と仲良くなるコツ』職場に心許せる人がいない貴女へ

『同僚女性と仲良くなるコツ』職場に心許せる人がいない貴女へ

「心が折れても、悩みがあっても、職場の人には相談できない」と嘆く女性は少なくありません。

 

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

職場に心を許せる同僚が一人でも居てくれたら、どれだけ救われるでしょうか。その同僚が女性であれば「より近い感覚で共感し合える」ため、心強い味方になるものです。

そこで今回は、『心を許せる同僚女性の作り方』をお届け致します。

 

『あるポイント』を押さえてランチタイムを活用する

「心を許せる同僚女性が欲しい」のなら、ランチタイムを活用しましょう。

毎日手作り弁当を持参し、自分のデスクや社員の休憩スペースなどで食べているだけではいけません。可能なら週に1回、せめて月に1回くらいは同僚と外でランチすることをお薦めします。

但し、どんなお店でランチしてもいいというわけではありません。ランチタイムをより効果的に活用するにはコツがあるのです。

ズバリ!『あまり混んでいないお店を選ぶ』ことです。

味が美味しい、店内がオシャレ、メニューが豊富。たしかに、それらも大事です。しかし、ランチタイムを通して同僚との仲を深めようと思うなら『お店の混み具合を気にする』のが肝心なんですよ。

 

あまり混んでいないお店がいい理由

Key-icon

それでは、ある面白い実験データをもとに解説致しましょう。

総勢20名の被験者たちには2人1組のペアになってもらい、5組10名がA店で、その他の5組10名はB店で食事をしてもらいました。A店とB店はメニューも味も店内の規模や作りも全く同じお店です。

しかし、その結果は意外なものでした。

A店で食事をした5組10名全員が「美味しかった、楽しかった」などの肯定的な意見だったのに対し、B店で食事をした5組10名全員が『料理の味と店員の態度を酷評した』のです。

なぜなら、お店の満席状態を混雑レベル10とした場合、A店は混雑レベル5、B店は混雑レベル10の状態だったからです。B店の混雑レベルがA店の2倍だったことが『被験者たちの味覚も人を見る目さえも変えてしまった』のです。

また、「食事中に二人でどんな会話をしたのか」という問いに対して、A店で食事をした被験者たちは「お互いのことについてたくさん話をした」と満足そうに答える人ばかりでした。

一方、B店で食事をした人たちからは「店員の態度にイライラしていて、二人でどんな話をしたのかあまり覚えていない」などと答える人が目立ったそうです。

 

イライラは伝染する

この実験結果の最大のポイントは『混んでいるお店では、目に映るものを悪く評価してしまいがち』ということでしょう。つまり、あなたが同僚とランチに行った時、そのお店が混んでいると『あなたまで悪く見られる可能性がある』のです。

田舎から都会に出てきた時の混雑がストレスになるように、人は「混雑した環境にいると心に負荷がかかる」もの。緊張したり、精神的にイライラすることもあるでしょう。

そして、そのイライラは確実に伝染します。まず「一番近くにいる相手に伝染する」のは想像に難くありません。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

混雑を避けるため、可能な場合は「ランチ時間をずらす」などの工夫をするのも効果的ですね。

少しくらい味が落ちるとしても、ゆったり食事ができるお店を選ぶことが『ランチタイムで同僚との仲を深めるコツ』ですよ。

一人なら並んでまで味を求めてもいいですが、二人以上の場合は「ゆっくり食事ができる場所であるか」を基準に選ぶほうが賢明でしょう。少なくとも、最終的にイライラだけが残るようなことはないはずです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧