【パワハラ上司への対処法】撃退する話し方と付き合い方

【パワハラ上司への対処法】撃退する話し方と付き合い方

今回は、『パワハラ上司への対応方法』についてお話したいと思います。

大森篤志
こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

 

次のようなパワハラ発言をする上司や先輩、あなたの職場にもいませんか?

  • 「この仕事、君には向いていないんじゃない?」
  • 「転職を考えた方がいいよ」
  • 「まさか残業代が欲しいなんて言わないよね?」
  • 「うちの部署の飲み会には出席義務があるから」
  • 「君は私の言うことを聞いておけば良いんだ」
  • 「ホント、役に立たないなぁ」
  • 「会社を辞めれば済むとでも思っているのか!」
  • 「微熱くらいなら会社に出てこい!」
 

【もう、うんざり!】ハラスメントはなくならないの?

職場において、冒頭で明記したようなパワハラ発言をする上司や先輩の存在は珍しくありません。

セクハラやパワハラに留まらず、今では「モラハラ(モラルハラスメント:精神的な暴力、陰湿な嫌がらせ)」「マタハラ(マタニティハラスメント:妊娠や出産した女性に対するモラハラ)」などのハラスメント問題も徐々に姿を現してきています。

問題が表面化しにくいモラハラなどの場合、被害者が一人で悩みを抱えてしまい、未解決のまま泣く泣く会社を辞めてしまうケースも目立っています。

一方、職場で特に表面化しやすいハラスメントは「パワハラ」ですが、多くのパワハラ加害者は「私は指導してやっている。むしろ、ありがたい話なのでは?」と歪んだ被害者意識を持っている場合も多く、実は厄介な問題でもあるのです。

実際のところ、パワハラ加害者には人格的な問題があると思いますし、その他にも、会社組織という閉ざされた環境の中で育まれた上司の価値観は、当人の中で「万人の常識」になってしまうきらいがあり、その価値観を時には厳しく部下に強制してしまうという面もあります。

いずれにしても、パワハラ上司にあたったら不運ですが、我慢するのではなく、正攻法で拒絶の意志を示しましょう。

しかし、相手が上司や先輩ともなれば、ハッキリと拒絶の意志を示すのはなかなか難しいものです。

多くの場合、目上の相手にくってかかると、大なり小なり仕事に支障が出てしまいます。何だか歯がゆいですよね。

では、弱い立場の者は、強い立場の者のパワハラ行為に泣き寝入りするしかないのでしょうか。

 

【賢い!】パワハラ上司への対応方法。

それでは、上司から次のような叱責をされたとしましょう。

「今回のミス、一体誰の責任なんだ!言ってみろ!」

こんなふうに強く叱責された時は、「謝意を伝える」と同時に「自分の気持ちを伝える」ようにしてみてください。

  • 「はい、私の責任です。この度は申し訳ございませんでした!しかし、〇〇部長のご指導にはいつも大変感謝しておりますが、今回のように威圧的に注意をされるとパワハラのように感じて正直もの凄く怖いです」
  • 「ミスしたことを深く反省しております。本当に申し訳ございません!ただ、今回のように脅迫的なご質問をされますと私はパワハラのように感じてしまいます。とても怖かったので明日から会社に出て来られるか自分でもちょっと不安です」

 

さりげなく「パワハラ」「怖い」という言葉を使って、上司に「必要以上の指導はパワハラ行為であると認識してもらう」ことが狙いです。

また、自分の部下が欠勤したり離職したりすると、上司としての管理能力も問われますから、それとなくプレッシャーを与えることが出来ると思います。

しかし、こちらの心遣いも虚しくパワハラ行為がエスカレートするようなら、次のように明確な意思表示をしましょう。

  • 「このようなパワハラ行為は見逃せません。しかるべき対処をさせて頂きます!」
  • 「上司の言動とは思えませんでしたので、人事部(コンプライアンス窓口など)に相談させて頂きます」

 

また、本格的にパワハラ相談をする際は、次の3点に留意しておくと、あなたの意見に重みが増すと思いますよ。

 

1)パワハラの事実を記録しておく。

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧