【ストレス解消方法】働く女性のストレス耐性を高める8つの習慣

【ストレス解消の8ヶ条】働く女性のストレス耐性を高める習慣

 

こんにちは、ビーピーラボの大森篤志です。

大森篤志

今回は、『ストレス解消の8ヶ条』をご紹介したいと思います。

 

毎日毎日仕事のストレスでグッタリというあなた。

いつもニコニコ振る舞ってはいるけれど、本当はいつ爆発するか分からない状態だったりしませんか?

もしそうだとしたら、ストレスとの付き合い方があまり上手ではないのかもしれませんね。

実は、働く女性のストレス解消法は、日々の習慣の中にあるのです!

 

働く女性へ。「ストレス解消の8ヶ条」はコレだっ!

1. 頑張れば出来そうな期限に「プラス1」する。

例えば、15時までには仕上げられそうな仕事であれば、「16時までに提出します」と余裕を持たせるのです。

仕事内容や状況に合わせて、1日、1週間、1ヶ月など、プラス1のゆとり時間を可能な限り設定すれば、落ち着いて仕事に取り組めることでしょう。

 

2. 欲を持ち過ぎないようにする。

「今・ココ・幸せ!」を合言葉に、いま手元にあるもので満足するようなモノの見方を心がけましょう。

また、相手からの見返りを期待してしまうのも欲の持ち過ぎが原因なのかもしれません。

「仕事を手伝ったのに、ありがとうと言われなかった!」と相手からの見返りを期待せずに、「私が手伝いたかったから手伝っただけ。別にありがとうと言われたいからではない」と自分の行いに満足する心を持つといいですね。

 

3. 出来ることをハッキリさせ、すぐやる。

立ち止まって考え込む時間が長ければ長いほど、起きてもいない余計なことを考えてしまい、別で新しいストレスを生じさせることにもなりかねません。

問題が起きた時にこそ、今出来ることをハッキリさせ、すぐにやる習慣を持ちましょう。

 

4. 趣味や楽しみを持つようにする。

夢中になれる趣味や楽しみは、ストレス解消の役割を果たしてくれます。

もし、今のあなたに趣味や楽しみが何一つないという場合は、その対象が仕事になりやすく、ワーカホリックになってしまうことも。

仕事と切り離して楽しめる趣味を見つけるために、仕事外で人と会ったり、仕事外のイベントに参加したり、まずは仕事外とのつながりを作ることから始めてみてください。

 

5. 人に寛容になる。

他人とは、おおらかな気持ちで付き合っていくことが大事です。

「どうして、あの人はいつも・・・(ムキーっ!怒)」と自分の考えを他人に押しつけてしまうよりも、「そういう時(事)もあるよね!だって、人間だもの」くらいの寛容さを持つ方が心の健康にいいですし、人間関係もずっとうまくいきます。

仕事上のお付き合いだからこそ、「人は人」と割り切るサバサバ感を持つことは重要だと思いますね。

 

6. 客観的になる。

ONの時もOFFの時も、物事を判断する際は「客観的」でないとうまくいかないことが多いもの。

でも、私はあえて「客観的」と「主観的」の使い分けをオススメします。

ズバリ!使い分けのポイントは、『楽しいことは主観的に、悲しいことは客観的に』です。

楽しいときは主観的になって「最高にハッピー!」と思いこんじゃえば楽しさ倍増ですよね!笑。

でも、悲しいときは客観的になって「そうではないかも?」と思い込みに気付けた方がいいからです。

 

7.「ありがとう」を口癖にする。

何気なく使っている「ありがとう」という言葉。

普段は感謝の気持ちを「有り難う」と表現しますが、実は『難が有ったときに使う言葉』だったりします。

  • つらいことがあったら「ありがとう」
  • 悲しいことがあったら「ありがとう」
  • イヤなことがあったら「ありがとう」

イヤなことを「イヤ」と言えば『イヤなことのまま』。

でも、イヤなことに「ありがとう」と言えば、「イヤなこと」は『あなたに何かを気づかせる為に起きた感謝すべきこと』に変わるのです。

難が有ったときに「ありがとう」と言うと『悪いことを断ち切れる』わけですね。

「ありがとう」を口癖にすれば、イヤから生じていた8割以上のストレスは解消したも同然です。

 

8. 信頼できる相談者を持つ。

「私はダメ・・・」と思って落ち込んでいる時に、「僕は、そうは思わないけどなぁ」と言ってくれる相手がいるだけで救われるもの。

一人ではダメ子に拍車がかかるだけですが、第三者から新しいモノの見方を示されると、まるで霧が晴れたようにストレスが消えていくことも少なくありません。

女性の場合は、特に♪

 

「そんなこと言われなくても分かってる」と言う女性ほど、危険!

こうやって言葉にしてしまえば「そんなの当たり前の事じゃん!」と軽く考えちゃいますよね?

でも、分かったフリが一番危険!頭で理解しているだけではダメなのです。

人は誰もが日々のストレスから逃れる事は出来ません。

そして、「毎日ストレスを解消できちゃう人」と「毎日ストレスを溜めちゃう人」がいるだけ。

当たり前の事をちゃんと実践できる人こそ、毎日のストレスと上手に付き合っていける人なのです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧