【仕事で使える心理学】嘘、隠し事、警戒心が強い人への対処方法。

嘘ついてる?隠し事してる?『警戒心が強い人』への対処方法。

【仕事で使える心理学】嘘、隠し事、警戒心が強い人への対処方法。

 

本記事では、「相手の手を見てわかる心理と、『警戒心が強い人』への対処方法」をご紹介します。

 

大森篤志

 

こんにちは、BP.Labo(ビーピーラボ)の大森篤志です。

日々仕事でお客様と直に向き合う、営業・販売・接客の働く女性はぜひ参考にしてみて下さいね。

 

相手の手を見てわかる心理

お客様と商談している時や、初対面の相手と話をしている時などに、ぜひ観察して欲しいポイントがあります。

それは、相手の『手』です。

なぜなら、相手が『手』を隠していると、話がうまくまとまらなかったり、スムーズに進まなかったりするからです。

会話中に話し相手がずっと手を隠していることに気付いたことはありませんか?例えば、太ももの下に手を敷いたり、腰裏あたりに手を持っていったり、腕をクロスさせながら手を脇の下あたりに挟むようにしたり…。

それは、あなたとの会話中に相手が手を隠すのは、目の前にいるあなたに警戒心を抱いているからです。

相手は、あなたの接近に対して「それ以上はちょっと…」と思っている可能性があります。また、あなたに本心を知られたくないという防衛本能が働いている可能性もあります。

次に、警戒心が強い人への対処方法をお伝えいたします。この質問をしよう!