【会社・仕事関係の結婚式マナー】ご祝儀袋の選び方、書き方、包む金額

【会社・仕事関係の結婚式マナー】ご祝儀袋の選び方、書き方、包む金額

 

本記事では、『会社・仕事関係の結婚式マナー』をご紹介します。

 

大森篤志

 

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

 

社会人としてベテランの領域に入ってくると、「仕事つながり」で様々な行事に参加するようになります。

例えば、結婚式もその一つ。仕事つながりの結婚式といえば、上司、同僚、部下、取引先の関係者などの結婚式でしょうか。いずれにしても、あなたは「会社関係者」という立場で出席することになります。

一方、親族や友人の結婚式に出席する場合は、あくまでも「個人」としての立場です。その立場の違いをきちんと理解しておくことがあなた自身の品格をつくるのです。会社関係者の結婚式に出席する場合は『会社の顔である』という自覚を持って出席しましょう。

それでは早速、「会社の顔」としての場合、ご祝儀の額やご祝儀袋の書き方についてチェックしていきましょう!

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧