「頭では分かってるけど、つい…」本当はダメな話し方5つ。

「頭では分かってるけど、つい...」本当はダメな話し方5つ。

 

こんにちは、BPLaboの大森篤志です。

貴女らしく輝く為に学びを深めてまいりましょう。

大森篤志

今回は「本当はダメな話し方」を5つご紹介します。

 

目次:

  1. ダメな「あいづち」とは?
  2. ダメな「たとえ話」とは?
  3. 何度も使ってはいけない言葉
  4. 不要な前置き
  5. ダメな「ほめ方」とは?

 

1. ダメな「あいづち」とは?

あいづちは、会話の潤滑油。

でも、あいづちの言葉によっては会話に摩擦を生じさせてしまうことがあります。

 

例えば、

  • 「ホント?」
  • 「ウソ〜!?」
  • 「まさか〜」

など、「疑う」ようなニュアンスが含まれるあいづちです。

  • 「ホント?」
    →「それは本当なのですか?」と伝わる
  • 「ウソ〜!?」
    →「それはウソですよね?」と伝わる
  • 「まさか〜」
    →「まさか…そんなことはありえませんよね?」と伝わる

ということですから、相手の気分を害することにもなりかねませんので、ご注意を。

 

こんなときは、

「そうなんですね」など、相手の意見を肯定してから「意外です」と言えばいいですね。

「そうでしたか、意外な感じがしますね」と言えば角は立たないはずですよ。

 

2. ダメな「たとえ話」とは?

たとえ話は、聞き手の興味を惹き付けたり、分かりやすく伝える効果があります。

でも、たとえ話の仕方によっては余計に分かりにくくしてしまうことも。

 

それは、「くどくど長いこと」です。

おもしろく、分かりやすく伝えたいからといってクドクド話してしまうと本筋がボヤけてしまいます。

 

「たとえ話」のポイントは、

  • 短く
  • おもしろく

ですね。

 

例えば、

「本田圭祐がセリエAのACミランで背番号10番をつけるのは、世界的なハリウッドスターが勢揃いするオーシャンズ11で日本人が主演を張るようなもの

など、長くてもコレくらいでとどめておきたいですね♪

 

3. 何度も使ってはいけない言葉

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧