感じのいい女性が無意識に行っている【相手と波長を合わせる方法】

感じのいい女性が無意識に行っている【相手と波長を合わせる方法】

こんにちは、BP.Labo(ビーピーラボ)の大森篤志です。

大森篤志

今回は、『感じのいい女性になる方法』をご紹介致します。

感じのいい人は、ON(仕事)の時間もOFF(プライベート)の時間も快適に過ごすことが出来ます。

なぜなら、人に愛されるからです。

 

人は無意識に相手の言葉を言い換えてしまう。

お客様から「みかんジュースはありますか?」と聞かれたら、あなたはどう答えますか?

お店のメニューに「オレンジジュース」と表記されている場合、ほぼ100%の確率で「オレンジジュースですね?はい、ございます」と答えるのではないでしょうか。

お客様が「みかんジュース」と聞いているのを瞬時に「オレンジジュース」と言い換えてしまう。

当然と言えば当然のことなのですが、本当はそのまま「みかんジュースですね」とおうむ返しをした方が印象がいい。

同様に、お客様に「胡椒ありますか?」と聞かれたら、「ブラックペッパーですね」ではなく「胡椒でございますね」、「子供用のイスはありますか?」と聞かれたら、「チャイルドチェアーですね」ではなく「お子様用のイスでございますね」と返答した方が、お客様は気分がいいものなのです。

 

どうして『おうむ返し』がいいの?

さて、相手の言葉をそのまま返した方がいいのはなぜなのでしょうか?

それは、同じ言葉を返された方が『相手と波長が合うから』です。

ほんの一言二言でも、人は無意識のうちに「感じがいい」と「感じが悪い」を判断し、自分と同じ波長の言葉を「感じがいい」と判断します。

つまり、意識してお客様と同じ言葉をそのまま返すことが波長を合わせることにつながり、「感じのいい接客」を実現することになるのです。

 

日常会話においても『おうむ返し』は重要!その理由は…

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧