あなたは現実的?それとも夢子?【見ている世界が違う相手とうまく噛み合わせる会話術】

a0790_000437_m

 

こんにちは、BPLaboの大森篤志です。

このコラムを読めば、「現実的な人」や「夢見がちな人」とも上手にコミュニケーションがとれるようになります。

 

さっそくですが、3つの質問をさせていただきます。

それぞれの質問はAかBかの二択になっておりますが、選ぶ基準は『どちらかというとA(B)』という感覚で構いません。

深く考えすぎることなく素直にお答えください。

 

【質問1】

あなたは、

A:物事の細かいこと(詳細)が気になりますか?

B:物事の本質や全体像を見ようとしますか?

 

【質問2】

あなたは、

A:「今(現在)がどうなのか」ということに関心がありますか?

B:「将来(未来)どうなっていくのか」ということに関心がありますか?

 

【質問3】

あなたは、

A:実用的な方法を選びますか?

B:新しい方法を選びますか?

 

 

それでは、ここであなたのAとBの数を確認してみてください。

 

Aが3つなら、現実タイプ。

Aが2つでBが1つなら、やや現実タイプ。

Aが1つでBが2つなら、やや創造タイプ。

Bが3つなら、創造タイプ。

 

つまり、

  • 自分の五感で感じとれるリアルな情報を優先する(現実タイプ)
  • 自分の第六感で感じる可能性を優先する(創造タイプ)

このような2つの傾向を判断することができます。

 

判断の正確性を高めたい方は、以下の判断基準を活用してみてください。

 

(参考)Aを選ぶ判断基準

  • 決められた手順に従う方が楽でいい
  • 手順に沿って一つ一つ順に確認していくたちである
  • 結果よりも先にプロセスや経緯を話すことが多い
  • 細かいところまでよく覚えているたちだ
  • 既に確立されたやり方を応用することを好む
  • 正しいやり方で最後までやり遂げることを大切にする
  • 今が快適か、今が楽しいかを重視する
  • 自分の経験や前例を重視して、事実やデータに信頼を置く
  • これまで慣れ親しんだものに心地よさを感じる

(参考)Bを選ぶ判断基準

  • 前例のないものを好む
  • 一つのテーマから連想をめぐらせ、話しが飛躍していくことがある
  • 結論を急ぐたちで、話すときも結論や結果から話すことが多い
  • 今後の可能性を大切にする
  • 常に、表面的なことよりも本質を洞察する
  • 誰も知らないような新しいものを見つけるとイキイキする
  • 想像力が豊かで飛躍した空想をめぐらせる
  • 前例よりも、自分の直感(本能)を信じる
  • まだ立証されていないもの、試されていないものに興味がわく

 

さて、A・Bどちらに当てはまることが多かったでしょうか?

これらの判断基準を参考にして、あなたのタイプをより正しく判断してみてくださいね。

 

それでは、

自分がどういうタイプなのかを知ったところで、ここからが大事なポイントです。

ここからは、その具体的なコミュニケーション方法をお伝えします。

 

現実タイプのニーズを叶えるコミュニケーション

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧