「貴女のパフは大丈夫?」女性の風邪予防対策で重要なのは顔面だった!

a0055_000182_m

 

こんにちは、ビーピーラボの大森篤志です。

大森篤志

ONもOFFも自然体で自分らしく輝く女性になる為には、『健康であること』が絶対条件です。

 

毎日バタバタで忙しい、それが現代の働く女性というもの。

しかし、忙しいとストレスも溜まりやすくなり、免疫力も下がります。

そのため、「疲れたなんて言ってられない!」と頑張り続けていると、

いきなりガクンと身体に異変が表れることも少なくありません。

 

そこで今回は、『徹底的な風邪対策方法』をご紹介したいと思います。

日頃からの風邪予防対策がバッチリなのも魅力女子の特徴ですからね♪

 

うそっ!帰宅したら「手洗い・うがい」だけでは不十分なの?

外から帰宅したら、

『手洗い・口うがい・鼻うがい』 
※「鼻うがい」をご存じない方はコチラをお読みください。

これで風邪対策はバッチリ!

 

なのですが、

もっと徹底的にウィルス等の体内侵入を防ぎたいなら、プラスでコレっ!

 

『帰宅後すぐに、弱酸性の洗顔フォームや石けんで顔を洗うこと』です。

 

顔の表面を覆っている皮脂は、粘着力をもちベトベトしています。

その粘着力によってウィルスやバクテリアなどを吸着させ、体内侵入を防いでくれているわけですね。

 

そのため、帰宅後の顔には、

大量のウィルスやバクテリアなどの細菌、その他にも大気中の様々な化学物質が付着しています。

 

体の中でも裸で外気に触れる時間が最も長いのが顔。

顔出し厳禁の部族的慣習でもないかぎり、顔だけは衣服で覆いませんからね。

雑菌にとっては、まさに夢の国。それが『顔』なのです。

 

…と言うことは、雑菌だらけの顔を触った手も当然雑菌だらけ。

つまり、『帰宅してきちんと手洗いをしても、洗ったその手で顔に触れれば意味がない』ということですね。

 

だからこそ『帰宅後すぐの洗顔がとっても重要』なのです!

 

パフは雑菌さんたちのお気に入り。貴女のパフは大丈夫?

そして、意外な盲点が『パフ』
※パフ『ファンデーション等を皮膚に塗るための主にスポンジ状の化粧道具』

 

お化粧直しをしたパフは、実は雑菌だらけです。

同じパフで2回目以降の使用になると、

『顔中にまんべんなくウィルスやバクテリアを塗りたくっているのと同じ』ことになります。

 

少々面倒かもしれませんが、

  • 1日のお化粧直し毎に新しいパフを使えるように複数のパフを用意する
  •  毎日、薄めた中性洗剤でよく洗い、よくすすぎ、完全に乾かす

など、こまめな対策を取り入れると安心です。

 

他に「チークぶらし」なども同様ですね。

 

fcda3b379fc0408ae770be69fe8e4a1a_s

 

「何もかもが面倒っ!」という方は、思いきって

『帰宅したら、すぐに全身シャワーを浴びること』をオススメします。

 

お風呂に入るという行為も同時に終わらせることが出来るので、

面倒くさがり屋さんにとってもメリットがありますからね。

 

ちなみに私は、

「帰宅後すぐにシャワーを浴びるか?浴びないか?」

という判断基準を自分なりにつくっています。

 

「自分なりの判断基準をつくる」と、面倒な気持ちが消える。

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ