2ページ目:オフィスが冷房で寒い!職場の暑がり男を攻略し、冷え対策。

賢い女性の寒さアピールは、3ステップで!

夏は、そもそも暑いもの。

本来であれば、少し動けば汗ばむくらいの温度の方が丁度いいし、身体にも負担が少ない。

夏なのに寒さに耐えて過ごすということは、身体のリズムを乱し、特に女性の場合は冷えによる頭痛や肩こりなど、身体のあちこちに支障が出てきてしまいます。

そんな気配りの出来ない上司に対しては、視覚と聴覚と触覚をフルに使ってアピールするべきでしょう。

たとえば、こういった手順でアピールするのも効果的です。

  1. 上司の視界に入るように上着を羽織り、二の腕を寒そうに何度もさする(視覚でアピール)
  2. 上司の元へ駆け寄り、1をアピールしながら「寒くて具合が悪くなりそうです」と言う(聴覚でアピール)
  3. 同時に、冷えきった手の甲をさすりながら「手の感覚がなくなってきました」と言う(触覚でアピール)

難易度は少々高くなりますが、男性上司にちょっと触れられてもいいという強い女性であれば、「私の手、触ってみてください。血の気がありません」と手を差し出してみるのも効果的でしょう。あくまでも、相手に変な勘違いをされないように、ですけどね。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

本来であれば、女性社員が上着を羽織り始めたり、周りで「ちょっと寒くなってきたね」なんて言葉が交わされ始めたら、すぐに設定温度を上げてあげられるのが気配りのできる上司です。

でも、そういう上司であることを望むだけで「いつか気づいてくれるだろう」と思っているとあちら様の思うツボ。ときにはビシッと分からせなければいけないこともあるということを心得ておきましょう。

以上、オフィスが冷房で寒くて何とかしたい女性へ、職場の暑がり男性を攻略してエアコンの冷え対策をお届け致しました。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ