職場に自分の居場所がない!【孤独感や疎外感の解消・克服方法】

著者:大森篤志 カテゴリ:

職場に自分の居場所がない!【孤独感や疎外感の解消・克服方法】

今回は、『職場での孤独感や疎外感の解消・克服方法』についてお話したいと思います。

 

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

 

K子さんは言います。「孤独です…」

某メーカーに勤務するK子さん、34歳。K子さんは声を絞り出すように話し始めました。

「私はコミュニケーションが苦手で、職場の人間関係でうまくいった経験がほとんどありません。そのため、一つの会社に長く勤務することが出来ず、気がつけば転職を繰り返しています。仕事は私なりに一生懸命やっているのですが、周りの人たちからはなかなか理解してもらえません。今の職場にも自分の居場所がない状態で…とても孤独です」

 

ん〜、「職場の人間関係でうまくいった経験がほとんどない」という体験は、かなりしんどいですよね。

実際にコミュニケーションが苦手な人というのは、往々にして「他人から理解されにくい人」になりがちです。

なぜなら、コミュニケーションは『人間がお互いを理解し合うための唯一の手段』だからです。

きっとKさんは、「人に理解してもらえない体験」が積み重なって、一つの職場に長くいられないのでしょう。同僚や上司と「深くつながっている感覚」が持てていませんから、職場に自分の居場所がないように感じてしまうのです。

職場に自分の居場所がありません(孤独感・疎外感)、どうしたらいいですか?

孤独感や疎外感のような感覚を解消するためには、姿勢を変える必要があります。

ずばり、「得る」という姿勢から『与える』という姿勢へ変えてみるのです。

「人から理解してもらえません」「職場に自分の居場所がありません」というのは、「得る」姿勢です。

なぜなら、「人から理解してもらうこと」を求め、「職場に自分の居場所が作られること」を期待している(得ようとしている)からですね。

しかし、ここで大事になってくるのは、相手や職場に対して求めることでも期待することでもなく、『自分は何を与えることが出来るのだろう』と考えることなのです。

 

コミュニケーションが苦手な人は、例えば、

  • 「はい」や「いいえ」等の事務的な返答で会話が終了してしまう、いわゆるボキャブラリーが少ない
  • 相手の美点を見つけたり、変化を察したりして気の利いたことが言えない(気付いていても言うのが恥ずかしい)
  • 人と話すと緊張したり、恥ずかしくて顔が真っ赤になってしまったり、あるいは頭が真っ白になってしまう
  • 自分はどう思われているのか、嫌われてはいないか、と相手の顔色ばかりを気にしてしまう

など、本人にしか分からない何かしらの理由があったりするのでしょう。

そして、不本意ながらも「口ベタな人」「無口な人」を演じることになり、結局は『何を考えているのか分からない人』と相手から判断されてしまうのです。

一般的に大人社会に生きる人たちは、「理解出来ない人を敬遠しがちになる」傾向があります。

そう考えると、ここで相手に与えてあげられるものは、「私はこんな人間なんです!」と知らせてあげる、ということになるでしょう。

例えば、「直さなきゃと思ってはいるんだけど、人の目を見て話をしたり、聞いたりってことが苦手で。だから、人を避けているんじゃなくて、むしろ逆なんです」とか、「本当はあなたと仲良くなりたい」とか、勇気を持って自分の気持ちを相手に知らせてあげることが「与える」という姿勢だと思います。

 

ここで「でも、やっぱり…私にそんな勇気はありません」と思われた方は、ご安心下さい。

何も言葉を使うことだけがコミュニケーションではありませんからね。

 

ご安心を。言葉を使わなくたって知らせることが出来るんです!

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧