女友達とうまくいかない女性の特徴と原因。

女友達とうまくいかない女性の特徴と原因。

こんにちは、BP.Labo(ビーピーラボ)の大森篤志です。

大森篤志

今回は、『女友達とうまくいかない女性の特徴と原因』についてお話したいと思います。

同性(女性)との人間関係がうまくいかない女性は、口を揃えたかのように「男性との人間関係の方が楽です」とハッキリ言います。これはなぜなのでしょうか。

職場の女性上司や女性の同僚、女友達などとも良好な人間関係が築ける様になるには、まず「あなたの母親を理解すること」をお薦めします。

「んっ?なんで母親が関係あるの?」

そう思われる方も多いと思いますが、興味のある方はぜひゆっくりと読み進めて見て下さい。根本的な解決方法、克服方法をお伝えいたします。

 

「あなた」と「お母さん」の関係から見えるもの。

人は、親と深い絆で結ばれていると、自分の人生に安心感が持てるものです。

特に、いつも家庭内に不安を感じている人、同性(女性)との関係がうまくいかない人は、「母親」とのコミュニケーション不足が大きな原因の一つになっている可能性があります。

一方、母親と深いところでつながっている人の多くは、どんな状況の中でも「心の平安」を保つことが出来ます。なぜなら、母親からの「無条件の愛(母性愛)」で満たされているからです。

仕事がうまくいってもいかなくても、結婚してもしなくても、立派でもそうでなくても、どんな状態の自分であっても必ず愛してもらえる(嫌われない)と確信しているのです。

母親と深くつながっている女性は、大なり小なり「私は、ありのままでいい」という感覚を持っています。

毎日の生活がルーチンであっても、どんなに退屈であっても、そこに楽しさを見出すことが出来たり、小さな幸せを感じ取ることが出来る、まさに「自然体(不安や焦りのない状態)」で過ごせていることでしょう。

母親との関係というものは、例えば「食事の支度」や「掃除・洗濯」など、父親との関係よりも生活に密着しているものです。

そのため、母親と深いところでつながっていない女性の中には、片付けが苦手でいつも部屋が散らかっていたり、極端なキャリア志向で家庭をかえりみなかったりする女性もいます。

専業主婦のような人生では満たされず、家庭の外に生きがいを求めるきらいがある女性は、胸に手を当てて考えてみてください。

「私は、母親と深いところでつながっているのだろうか?」と。

 

お母さんと深くつながる方法。

あなたが母親と深いところでつながるために必要なことがあります。

それは、『母親を理解すること』です。

ひと口で理解すると言っても、「母は口うるさい人だ」「母は感情的な人だ」などという薄っぺらい理解ではありません。

普段使わない脳ミソの裏側を使うようなイメージで、もっともっと深いところで母親を理解する必要があります。

例えば、あなたがあなたの母親になりきって人生を振り返り、母親としての喜び、悲しみ、希望、絶望、怒り、苦悩、葛藤、孤独、そして愛情など、あえて深くつながろうとしなければ絶対に感じ取ることの出来ない領域で母親のことを理解しようと努めてみるのです。

母親は、子供にとって一番身近な教育者でもあります。そのため、子供に対して「酷いことを言ってしまった」「酷いことをしてしまった」、逆に「言えなかった」「してあげられなかった」という罪悪感のような気持ちをたくさん持っているものです。

母親の気持ちを深く理解するよう努めた上で、たまには母親と昔話をしながら「今ならお母さんの気持ちがよくわかるよ」「もう全然気にしてないよ」「ありがとう、感謝してるよ」などと、子供(あなた)の方から言ってあげることが、母親にとっても大きな救いになるのです。

また、当時の母親の気持ちを考えながら、当時のあなた自身の思いを手紙に書き出すのも効果的です。

「小学5年生の時に平手打ちされたのは痛かったなぁ」「当時はお母さんのことが大っ嫌いだった」といった自分の素直な感情や、一方では「私を厳しく平手打ちしなければならなかったお母さんはもっと辛かったのかなぁ」「きっと本気で心配してくれていたんだろう」といったお母さんの気持ちも考えてみるのです。

母親に対するネガティブな感情もポジティブな感情も洗いざらい書き出してみるといいでしょう。

文章にまとまりがなくても、支離滅裂であっても構いません。母親に関する感情を全て出し切るつもりで、あなたのありのままの気持ちを書き出し、一方では努力して母親の気持ちも汲み取ってみてください。

書き出すことで少なからず母親と深いところでつながった感覚が持てると思います。その感覚が持てたなら、手紙は燃やしてもいいですし、破り捨てても、シュレッダーにかけても構いません。

いずれにしても、母親と深い絆で結ばれる方法は『母親を深く理解すること』です。

深くつながることが目的である場合、母親がご存命であってもそうでなくても、それはもはや関係ありません。あなたの中で完結できるものですからね。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

母親と深いところでつながることが出来ると(深くつながっている感覚が持てると)、不思議と職場の女性上司や女性の同僚、女友達などとも良好な人間関係が築けるようになれます。

この機会にまずは母親を深く理解することに努めてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧