資格より大事?『現代の働く女性に必要不可欠な技術』

資格より大事?『現代の働く女性に必要不可欠な技術』

「今の私に必要なのは何かの資格!」果たして本当にそうでしょうか?

 

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

 

働く女性の悩み「一日24時間では足りない」

一日24時間。誰にでも平等に与えられている時間です。

しかし、その時間を「幸せを実感しながら丁寧に過ごしている」という女性は最近あまり見なくなったような気がします。

それよりも「男女の社会での在り方が公平になればなるほど、働く女性の時間だけが『より目まぐるしく過ぎていく』ように見える」のは私だけではないでしょう。

「一日24時間では足りない」と感じている働く女性は多いはず

平日は「仕事、家事、育児」に追われ、休日は「お茶会、習い事、資格の勉強」などが待ちかまえている。さらには、月1回のペースで「セミナー、研修」などに参加し、スケジュール帳はぎっしり予定で埋まっている。

あれもしなくちゃ、これもしなくちゃと、スケジュール帳とにらめっこしながら予定を片付けていくのが精一杯という女性も少なくありません。

Checklist-icon

「予定がいっぱい」という状態を『リア充』と考えないほうが賢明ですよ。充実した気分を味わうには「心の安定」が必要不可欠だからです。

あれもしてこれもしてと忙しく過ごしていると、少しずつ生活が雑になり、心の乱れにつながるもの。要らぬストレスが舞い込んでくるたびに「食べ過ぎ、飲み過ぎ、買い過ぎ」などで解消するようになれば、ますます気持ちが不安定になっていくでしょう。

誰だって「もっと時間があれば」「もっとお金があれば」と考えるもの。しかし、「もっと、もっと!」と焦る心からは、真の豊かさは生まれません。

「幸せ」という言葉を心から言える贅沢、それが真の豊かさです。「焦り」は禁物ですよ。毎日を『落ち着いて丁寧に』過ごす努力をしましょう。

 

卑屈な心は持たない

もう一つ、大事なことをお伝えしておきます。

「お金がないと幸せになれない」という考えは捨てて下さい。

一概に「たくさんのお金があれば幸せ」とは言えません。実際に「心の貧しいお金持ち」も多く存在します。「たくさんのお金があること」と「心の豊かさ」は、イコールではないのです。

まずは、あなた自身の「経済状況の良し悪しに関係なく、工夫次第で『真の豊かさ』を手に入れることが出来る」という前提に立つことから始めましょう。

卑屈な心さえ持たなければ、真の豊かさを手に入れるのは案外簡単ですよ。

 

当たり前のことを丁寧にする

まず、今まで当たり前にしてきたことを丁寧にしてみて下さい。それだけでも心は豊かになります。

例えば、「朝起きたら窓を開けて深呼吸する」とか。こんな簡単なことでも、意外と「できていない」のではないでしょうか。

顔を洗ったら、鏡に映った自分の顔を見て「今日も一日よろしくね、私!」と言ってみる。よく噛んで朝ごはんを食べた後は、ドリップした香り豊かなコーヒーを飲みながらゆったり10分間ほどリラックス。「綺麗にな〜れ」と言いながら丁寧にメイクする。

そう言うと「朝からそんな余裕はない」という声が聞こえてきそうですが、本当にそうでしょうか。いつもより30分だけ早く起きれば可能になることばかりですよ。

早起きすれば、そのぶん夜は早く眠くなります。今までの生活リズムよりも健康的になるでしょう。そして、体の調子が良くなれば、気持ちも上向くはずです。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

学生の時、ノートに丁寧に文字を書くと「ちゃんと勉強したなぁ」という満たされた気分になれた一方で、途中からだんだん雑になってくると「もういいや」という投げやりな気持ちになったのは私だけではないはずです。

いずれにせよ、物事を丁寧に行うことが心に良い影響を与えることは間違いありません。

今まで当たり前にしてきたことを丁寧にするだけでも「今まで見落としてきた」心の豊かさが手に入るものです。

習い事に精を出すのも、資格取得のために勉強するのもいいですが、まずは『普段の生活の中で心の贅沢を味わう技術』の習得から。(笑)

現代の働く女性にこそ必要不可欠な技術であることは間違いないと思いますよ。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧