元気が出る言葉・前向きになれるメッセージ5つ

元気が出る言葉・前向きになれるメッセージ5つ

こんにちは、大森篤志です。

大森篤志

今回のコラムでは、『元気になるメッセージ』を5つお届け致します。

  • 気力が無くなってきた
  • 夢を諦めそうだ
  • 失敗ばかりでツライ

そんな気持ちになってしまっているのなら、じんわりと元気をもらえるはずです。

 

1. 80歳で夢を語る

80歳ともなると、世間一般的には「人生80年、よくがんばりましたね」と終わりにも似た言葉を告げられる年齢です。

酷な言い方をすれば、残りわずかな余生をゆったりと過ごし、あとは朽ちていくだけというイメージ。(言い過ぎですみません…)

でも、80歳になってからも目標を持って過ごしている人は大勢います。

中には、マスターズという陸上の世界大会で80代にして金メダルを獲っている日本人もいます。すごいっ!!

そして、堂々と次の夢を語るのです。「次回も必ず金メダルをとって、最年長の更新記録を出します」って。

それにしても、80歳で堂々と夢を語れるのは何故なのでしょうか?

 

それは、『夢を持ち続ける人生には生きる喜びがある』ということを知っているから。

あなたは、80にも満たない時点から『生きる哀しみ』にとらわれて、易々と夢から降りてしまってはいませんか?

 

2. 人間力は、失敗力である

成功事例からよりも、失敗事例からの方が『深い気づき』が得られたりします。

居酒屋で成功体験を聞かされるよりも、失敗体験を聞かされた方が面白いし、心に残るエピソードであることも多いのではないでしょうか?

聞き手からすると、成功体験は9割以上が「俺すごいでしょ?」って話なので抽象的です。

でも、失敗体験は「こういうところがダメだったんだよな…」と鮮明なまでに具体的であることが多いのです。

 

抽象的な成功エピソードは、単なる自慢話にも聞こえますが、

具体的な失敗エピソードは「あなたには同じ失敗をして欲しくない」という優しさが感じられます。

だからこそ、失敗の多い人は魅力的なのでしょう。失敗したって誰もとがめません。むしろ、勉強させてくれて感謝。でしょ?

 

3. 思い出より、新しい日々を美しく

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧