「イライラ解消のコツ」働く女性のストレス対策

働く女性のストレス対策【自分らしく自然体でいられるコツ】

こんにちは、BP.Labo(ビーピーラボ)の大森篤志です。

大森篤志
今回は、『自分らしく自然体でいられるコツ』についてお話したいと思います。

 

一切の競争を止めてみる。

「男性は『勝ち負けにこだわる』生き物だ!」と、競争心があたかも男性特有の性質であるかのように思っている女性は多いようですが、実は女性も男性に負けず劣らず同じような感覚を持っています。

ご自身の日常を振り返ってみてください。ごく些細なことでつい競り争ってしまう自分がいませんか?

例えば、病院の待ち時間が長ければイライラ、お目当てのレストランが混んでいてすぐに中に入れなければイライラ…。といった具合にです。待ち時間がどんなに長くなっても全くイライラしないという女性はほとんどいないのではないでしょうか。

この場合、イライラするのは「もっと早くして!」と思っているから。無意識にスピードを競い、早くないとダメと思っているからに他なりません。そもそも競争相手は一体誰なのでしょう?冷静になれば誰もいないことに気付くはずです。

こういうときこそ、「待たされていることは実はとっても意味のあることなのかも!」と考えるようにし、一切の競争を止めてみましょう。驚くほどラクになりますよ。競争とは無縁の境地まで来れば、ストレスに支配されず、自分らしく自然体でいられることでしょう。

 

「競争」ではなく、『共創』。

イライラを止めて、隣に座っている人に話しかけてみたら…

あなた
今日はどうなされたんですか?

病院の皮膚科の待合室で「今日はどうなされたんですか?」と話しかけてみた人が、実は自分と同じ症状に悩んでいて意気投合。やがて女性向けのオーガニックコスメ事業を一緒に行うビジネスパートナーに。

イライラを止めて、前に並んでいる人に話しかけてみたら…

相手
レストラン、今日は混んでますね。ここへはよくいらっしゃるんですか?

「今日は混んでますね。ここへはよくいらっしゃるんですか?」と話しかけてみた人が、やがて最高の友人になるかもしれない。

 

まとめ

イライラを募らせるよりも、意識的に競争を止めて、その状況から生産的な何かを生み出す共創エネルギーに変えた方が断然ハッピーな時間になるのではないでしょうか。

たとえ、あなたではない他の誰かがイライラをぶちまけていても、あなたは一切「競争しない」と決めておきましょう。あなたに競い合う意志がないと分かれば、相手も競争モードではなくなっていくものです。

ストレスに支配されず、自分らしく自然体でいられる。それでいてハッピーな人生につなげていくコツは「競り争う『競争』を止めて、共に創る『共創』をすること」なのです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧