悩みや心の病こそ、専門家に早期相談・早期発見が大事!

心の病こそ、専門家に早期相談・早期発見が大事!

 

あなたは、行き詰まったら『プロの力を借りる』という選択肢を持っていますか?

 

大森篤志

 

こんにちは、大森篤志です。

人には言えない悩みを抱えている女性は少なくありません。その悩みは、あなたにとって「とても恥ずかしいこと」かもしれませんし、あるいは「情けないこと」かもしれません。

中には「人に言うほどのことではない」と思っている人もいるでしょう。

いずれにせよ、『自分で解決させなくては』と意地を張ってしまう女性は多いのではないでしょうか。 悩みを自分一人だけで抱えていると、やがて解決する悩みもあるにはありますが、それでも「解決は遅くなる」ものです。

似たような経験はありませんか?

  • 10年以上ずっと腰痛に悩まされてきたけれど、プロにベッドと枕を選んでもらったらウソのように痛みがなくなった。
  • レンジフードの油汚れが落ちなくて困っていたけれど、プロにハウスクリーニングをお願いしたら新品のようにピッカピカに生まれ変わった。
  • 思い切ってプロに脱毛してもらったら、ずっと悩んでいたムダ毛の処理が驚くほどラクになった。

こんなふうに『勇気を出してプロの力を借りた時に、それまでの悩みが一気に解決する』ことはよくある話。「もっと早くお願いすればよかった」と言う感想は、もはや決まり文句です。(笑)

 

これは、心的な悩みについても同じことが言えます。

精神的に苦しくて自分ではどうにもならない時は、例えばプロのカウンセラーやセラピストなどの力を借りてみてはいかがでしょうか。

『プロに助けを求める』という勇気が、問題の早期解決につながることは少なくありません。行き詰まっている時は、具体的な方向性が見えるようになるはずですよ。 (※但し、相談相手はプロフェッショナル、その道の専門家でなければいけません。)

特に女性の情緒は不安定なものです。「わけもなく涙が出てきて、仕事に集中できない」「孤独感に襲われる時があり、生きることに虚しさを感じる」「自分の将来が不安で不安でたまらず、夜も眠れない」などで悩んでいる女性は、思いきってメンタルクリニック(心療内科、精神科など)に相談してみるのも一つの方法でしょう。

「これくらいのことで病院には行けない」などと意地を張ったり、「私は心の病気ではない」と決めつけてはいけませんよ。ちょっとした心の不調を自分一人で抱え続けてしまうことが解決を遅らせてしまう要因だからです。

 

心も体も『早期発見』が大事!

例えば「これくらいどうってことはない」と、体の不調や痛みを放置して『ガンなどの重大な病気の発見が遅れてしまう人』がいる一方で、ちょっとした不調でもすぐに病院を受診して『早期発見する人』もいます。

早期発見が早期解決につながり、解決率も高めることは言わずもがなでしょう。 心の悩みをプロに相談することも同じです。

鬱病や統合失調症などの精神疾患になる前に、早めの相談を心がけましょう。早期発見、早期解決につながるはずですよ。

体だけでなく、心の定期健診も大事かもしれません。

専門家に相談するとなると、心よりも体の不調のほうが『相談しやすい』ものですが、その判断は間違っています。心と体はつながっているからです。ほら、昔から『病は気から』と言うではありませんか。

事実、心の不調が体に悪影響を及ぼしてしまうことは医学的にも証明されていることですよね。 心の悩みをプロに相談することは、なにも恥ずかしいことでもありませんし、厳密に言えば「恥ずかしがっている場合ではない」と思います。

心の病を早期発見するためにも『プロの力を借りる』という選択肢を持ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

この記事に付けられたタグ