30代が天職を見つける方法「働く女性のライフワーク」

30代が天職を見るける方法「働く女性のライフワーク」

30代になったら、自分の『ライフワーク』を意識しましょう。

【※ライフワーク】とは?
生涯の仕事として人生を捧げたテーマのこと。天職。(出典:Wikipedia

 

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

 

ライフワークは、もっと身近なもの

私の考えるライフワークとは、「生涯の…」などという大袈裟な意味ではなく、もっと身近なものです。

例えば、得意なこと、好きなこと、楽しいこと、どれもがライフワークの一つ。また、それは仕事に限らず、仕事以外の活動(趣味やボランティア等)であっても構いません。

そのことを考えているだけでワクワクしたり、それをしているだけで深い満足感を得られたり、自分らしくいられて自由な感じがする活動であれば、それはもう立派なライフワークと言えるでしょう。

自分のライフワークを見つけるきっかけは、とても身近なところにあったりします。

誰かに指摘されて自分の才能に気づくこともありますし、家事や育児に追われる日々の中で生まれたアイデアがきっかけになったという人もいます。

あるいは、友人にすすめられてやってみたら、それに魅了されて入れ込んだり、必要に迫られてやってみたら意外な自分の才能に気づいて、それを始める人もいるかもしれません。

ライフワークを難しく考える必要はありません。日々の活動の中で、アンテナを張り続けてさえいれば、いつか気づく(見つかる)ものだからです。

 

ライフワークは、自分の人生を教えてくれる

ライフワークを見つけた人は、その時点から着実に自分の意志で自分の人生を歩み始めます。

なぜなら、誰かの人生を生きてきたような感覚しかなかった以前とは違い、これまでの自分の人生は『すべてライフワークのためだった(これをするために生まれてきた)』と考えられるようになるからです。

過去の不幸でさえも意味のあるもの(必要だったもの)として受け入れることが出来た時に『本当の意味で自分の人生がスタートする』のではないでしょうか。

これまでずっと苦しんできたこと、傷ついてきたこと、涙を流してきたことのすべてが自分のライフワークのためだったという気づきは、まるで人生のリセットボタンを押すように、あなたの心をクリアにしながら癒やしてくれます。

ライフワークの裏側には、これまで人に言えなかったような苦しみや悲しみがある場合も少なくありません。

しかし、それは『これからの自分の人生を幸せに生きるために必要なものだった』のです。それがあったおかげで、これからは、誰の人生でもない、自分の人生を幸せに生きることが出来るのです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ