今の仕事のままで幸せになれますか?【やりたい事・好きな事の見つけ方】

今の仕事のままで幸せになれますか?【やりたい事・好きな事の見つけ方】

 

こんにちは、BPLaboの大森篤志です。

大森篤志

今回は『やりたいこと・好きなことを見つける方法』をご紹介します。

 

あなたの『本当にやりたいこと』は何ですか?

さて、どうでしょう。

この問いに即答できた方は少なかったのではないでしょうか。

 

私のところには「やりたいことが見つからない」という女性からの相談も多く寄せられます。

「自分の好きな事が分からない」という女性には、

私はまずどんな仕事だと自分のベストパフォーマンスを発揮できるのか?」をお答えするようにしています。

なぜなら、結果が出ると『それが好きな事になっちゃうから』です。

 

「やりたいこと・好きなこと」が見つからない本当の理由。

そもそも、なぜ自分のやりたいことや好きな事が見つからないのでしょうか?

私には、それは『そう思えないから』だと思えるのです。

もっと詳細で分かりやすい表現にすると、『実際に目の前にやりたい事や好きな事が現れたとしても、そうは思えない』ってことです。

これは何も難しいことではなく、日常的にもそう思ってしまうことはたくさんあります。

例えば、恋愛だってそうです。

イケメン過ぎる男性のことは、意外にも恋愛対象にならなかったりします。なぜなら、あまりにも美しすぎる男性だと「きっと私なんかには振り向いてもくれないだろう」と思ってしまうから。

そんなイケメン過ぎる男性よりも、自分と釣り合いのとれていると感じる男性を恋愛対象として無意識に選んでしまうのです。

社会的地位の高すぎる男性、高収入すぎる男性に対しても、同じようなことが言えるのかもしれませんね。

むしろ「私にはふさわしい相手ではない」と思い込んでいた方が、心の葛藤が少なくて済むし、何よりも自分が自然体だと感じてしまうのでしょう。

でも実はそれ、ただラクな方に惰性で流されているだけなのです。

 

「やりたいこと・好きなこと」は目の前にある!

相手を「私にはふさわしい相手ではない」と決めつけて、自分を守ろうとする働き。

これと同じようなことが「やりたいことが見つからない」「好きな事が分からない」という女性の心の中でも起きています。

だから、たとえあなたの目の前に天職が現れたとしても「見つからない」「分からない」という結論になってしまうのです。

実際にやりたいことや好きな事を仕事にするには、それなりの努力が必要です。

全財産を失うような失敗のリスクを覚悟しなければいけなかったり、学校に入り直してゼロから知識や技術を身につける必要があったり、毎月決まった給料が入ってくる会社員という安定を捨てて独立する必要に迫られることもあります。

これまで生きてきた数十年の中で一度も自分の夢を追いかけた事のない人が、いきなりそのリスクと覚悟を引き受けるのは、正直言って不安なことだらけでしょう。

失敗のリスクを受け入れ、覚悟を決める。

そのことが異常に高みに思えるから、「私にはふさわしくない」と思い込むことで自分の心を守ろうとしてしまうのです。もちろん、そんな無意識の働きなど自分では認識できませんから、実際には「私にはやりたいことがない」と悩んでいます。

自分のやりたい事、好きな事がこんなに近くにあるのに、です。

 

「大きくなったら何になる〜♪」の歌

以前私が保育園に娘を迎えに行くと、園児たちが「大きくなったら何になる〜♪」という歌を保育士さんと一緒に歌っていたことがありました。

確か4歳児くらいのクラスだったと思います。

保育士さんが「○○ちゃんは?」と言いながらグーでマイクをつくり、園児の口元に持っていくと、「社長さん!」その男の子はでっかい声でそう言いました、笑。

他にも「ケーキ屋さん」「お医者さん」、「女優」「サッカー選手」など、それはそれはスゴい夢ばかりが飛び出していましたね。そういう素直な園児を見ると、つい思ってしまいます。

「大人になると途端に夢を叶える事の大変さを理解しちゃうから、あんなに堂々と夢を語れなかったりするんだよなぁ」…と。

実際に小さな子を持つ親に対する「将来子供に就いて欲しい職業アンケート」では、「公務員」「会社員」といった手堅く安定した職業が上位を占めています。

たった一度きりの人生なんだから、本当は夢にチャレンジしたい。

心のずっと奥の方ではそう思っていたとしても、その夢を叶える大変さを考えてしまうと「私にはムリ」と出来ない理由ばかりを考え始めてしまうのが大人の悪いところだと思うんです。

本当はやれば出来る事ばかりなのに、

  • 「できるまでやろう!」
  • 「やり続ければ必ず夢は叶う」

そういう出来る理由には目を向けようとしなくなるのです。

 

抑圧してきた本当のやりたいことを引き出す魔法の質問

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ