2ページ目:「仕事は好きだけど、給料低っ!!勤続7年でコレ!?」29歳女性の叫び

1. 今の環境を分析せよ!!

アドバイス①:

今の会社で給料をアップさせる方法を分析する

 

「分析する」と言っても、そう小難しく考える必要はありませんよ。

  • 上に行けば給料は上がるのか?
  • どう評価されれば給料が上がるのか?
  • 給料を上げていける仕組みがあるのか?

などを自分なりに調べてみればいいのです。

 

上司に相談できるのであれば、給料アップに関する「会社としての仕組み」をコッソリ聞いてみるのもありですね。

今の会社にいる限り給料が上がる見込みがないようであれば、他の手段を考えればいいだけの話ですから。

 

2. 給与アップにつながる行動をせよ!!

アドバイス②:(今の会社で給料アップが見込める場合)

今の仕事のスキルアップにつながることを見つける

 

ちゃんと調べてみたら、「私だって、この会社で高給取りになれるかも!?」と思えるかもしれません。

そうと分かったなら「今の仕事のスキルアップにつながる行動をしましょうよ」というシンプルな話です。

資格をとるのか、人脈を広げるのか、ワークショップに参加するのか、スクールに通うのか。

とにかく、給与アップにつながる「行動」が大事です。

今は資格にも人脈にも興味がなかったとしても、飛び込んでみると「面白いこと」に変わったりしますからね。

「私、資格とか興味ないし…」なんて切り捨てないで、目的達成のための過程の一つとして楽しんで欲しい。

やってもいないのに「どうせ意味ないし」っていうのはもったいない。

最終的に今の仕事につながるような行動をチョイスすればいいのです。

 

3. 「好き」を派生させよ!!

アドバイス③:(今の会社で給料アップが見込めない場合)

今の仕事と同じフィールドで別の仕事をする

 

全く新しい分野での別の仕事は考えない方がいいです。

なぜなら、新しい知識や事業プラン、さらには実践レベルでのスキルなどが必要だからです。

これは、本業を続けながらではハードルが高い(時間も資金もたっぷりあって、どうしてもやりたいなら別ですが…)。

せっかく今の仕事が好きなのだから、今の仕事から派生させた方がずっと効果的だし効率的。それでももちろん、ツライことや厳しい壁にぶつかることもあります。

でも、「好きなら乗り越えられる」ものなんです。

例えば、WEBデザイナーとして働いている人なら、知り合いのサイトをつくってあげるとか。もちろんお金は頂戴しないといけないけど、それでも利益はゼロでもいいという感覚でね。

それが喜ばれて紹介で広まっていけば、本業とは別で「好きなことがカタチになる」わけです。

土日に趣味程度にはじめたものが、利益を上げられるまでになったり、独立のきっかけになったりすることだってあるかもしれません。

つまり、仕事人としての価値を「職場の外で高める」こと。

そうすることで、収入アップ、さらにはキャリアアップにもつながっていくのだと思います。

 

4. 「好き」に集中せよ!!

アドバイス④:

自分に「できる」と思うこと、自分が「しなければいけない」と思うことには手を出さない。

「好き」なこと、「楽しい」と思うことに集中する。

 

自分が「好き」なこと、「楽しい」と思うことを突き詰めていくと、収入アップの道が開けてきます。

「好き」「楽しい」という感覚があれば、いくら力を注いでも疲れないし、夢中になって続けられますからね。

「継続は力なり」という言葉があるように、続けることが成功への一番の近道なのです。

落とし穴は、

  • 自分に「できる」と思うこと
  • 自分が「しなければいけない」と思うこと

をチョイスしてしまうこと。

やっぱり、「好き」とか「楽しい!!」という気持ちが強くないと結局続かないものだから。

 

4つのアドバイス:まとめ

1. 今の環境を分析せよ!!

今の会社で給料をアップさせる方法を分析する


2. 給与アップにつながる行動をせよ!!

(今の会社で給料アップが見込める場合は)今の仕事のスキルアップにつながることを見つける


3. 「好き」を派生させよ!!

(今の会社で給料アップが見込めない場合は)今の仕事と同じフィールドで別の仕事をする


4. 「好き」に集中せよ!!

自分に「できる」と思うこと、自分が「しなければいけない」と思うことには手を出さない。「好き」なこと、「楽しい」と思うことに集中する。


「好き」はいいこと。

人生は「好き」という自分の感覚で生きるためにあるのかもしれませんよ。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧