あげまん女性は、「男が幸せになる為に存在する」のではありません。

あげまん女性は、「男が幸せになる為に存在する」のではありません。

 

こんにちは、大森篤志です。

大森篤志

「あげまん」と聞くと、女性の中には「男性だけが幸せになる為の身勝手な言い分では?」と思われる方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、その誤解を解くためにも『女性の幸福論』について少しお話したいと思います。

結論から申しますと、女性が「より高いレベルの幸せ」を得る方法は、やはり『あげまん女性になること』なのです。

 

すべての男性は、女性に○○を求めている。

どんなに時代が変わろうとも、男性にとっての「女性とは?」というイメージは変わらないものです。

男性にとっての女性のイメージ。それは『優しさ』です。

 

一方の男性は、いつでもツッパって生きています。本当は気が小さいのに、その心の弱さを隠し、どうにか表向きを取りつくろうことで、男としてのプライドを保っているところがあります。

筋トレを欠かさない男なら、筋肉という鎧で自分をつくろい、力を誇示したり、相手より優位に立とうとする思いがあるはずです。男性は、地位や力という鎧を身に付けていないと「男でいられない」生き物なのかもしれません。

しかし、ツッパり続けるのも結構疲れるものです。常に背伸びをして、自分を実力以上に見せようと無理をし続けているうちに、ふとこう思うのです。

 

男性
ありのままの俺を受け入れてくれる女性、いないかな…。

 

必要以上に自分を大きく見せる必要のない相手、無理している自分を優しく癒してくれる相手、プライドという鎧を安心して脱げる相手を本能的に求めるようになります。女性の持つ『無条件の愛(優しさ)』を求めるのです。

無条件の愛をくれる女性と言えば、やはり「母親」でしょう。多くの男性は、心のどこかで『母親のような相手を求めている』と言えるのです。

母親は、転んで頭にタンコブをつくれば「痛いの痛いの飛んでけ〜」と言って頭を撫でて癒してくれます。すぐに出来ないことがあっても「大丈夫。きっと出来るようになるわよ!」と励まし、自信を持たせてくれます。多少の無理を言っても、なんだかんだ言いながら最後には許してくれるのです。

男性は、そういう母親の無条件の愛に似たようなものをパートナーにも求め続けてきたのでしょう。

そのくせ小言を言われるのを嫌い、ああだこうだと口うるさく管理されたくないとも思っていますから、「男ってホント子供」「男は虫がよすぎる」などと女性から言われてしまう男性が多いのも理解出来ます。

 

あげまん女性とは『男性にツキをもたらす神様的存在』

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ