働く女性のストレス解消方法『ストレスが溜まりやすい人の特徴』

働く女性のストレス解消方法『ストレスが溜まりやすい人の特徴』

 

ストレスの溜まりやすい人の特徴を理解して、ストレスの溜まりにくい人になりましょう!ストレスが溜まってしまう原因には「姿勢」と「相手からの言葉の受取り方」がキーワードになります。

 

大森篤志

 

こんにちは、大森篤志です。

仮に「正しいのはあなた」で「悪いのは相手」だったとしても、大切なのは『あなた自身が気持ちよく毎日を過ごせること』ではないでしょうか。もしあなたが、相手を変えようと膨大なエネルギーを消耗しようとしているなら、それをもっと他のこと、例えば『あなたの心が豊かになること』に使いたいと思いませんか?

私たち人間は『まず自分が変わろうと思い、変わるための行動をすれば、必ず変われる生き物』です。

「いつでも気持ちよく過ごそう」と思い、「ストレスの溜まりにくい行動」を行えば、「必ず気持ちよく過ごせる」のです。それは、自分の周りがどのような状況であっても関係ありません。

本記事では、そんな『ストレスが溜まりにくい姿勢と捉え方』をご紹介したいと思います。

 

ストレスが溜まりにくい「姿勢」とは?

Street-View-icon

実は、姿勢と感情はリンクしています。背中を丸めている時よりも大きく胸を張った時のほうが自分に自信が持てているような感じがしますし、下を向くのをやめて上を向いてみると何だか「やってみるか」という気持ちになることもあります。

あなたはどうでしょう。

歩く時に「手を振らず前かがみで歩く」よりも『手を振って背筋を伸ばして歩く』ほうがポジティブな気持ちになるのではないでしょうか。

それもそのはず。身体を大きく動かしたり伸ばしたりすることによって「感情がネガティブからポジティブな状態へ」変わり、その影響が『心身的なストレス解消へとつながっている』からです。あなたの周りがどのような状況であっても姿勢さえ崩さなければ気持ちよく過ごし切ることが出来るはずですよ。

不快を感じている時の自分の姿勢をイメージしてみてください。

ストレスで胃が痛む時は、前かがみになって胃をさするような姿勢になります。不安や緊張、寂しさで押し潰されそうな時は、ベッドの中で横を向き丸くなるような姿勢になるもの。それが、ストレスを溜めやすい姿勢なのです。

次のような姿勢を基本としてストレスフリーな自分をつくりましょう!

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ