稼げる女性は相手のスイッチを押す!相手の心をつかむコミュニケーション術

a0001_013654_m

 

こんにちは、大森篤志です。

大森篤志

このコラムを読めば「お客様の心をつかむ接客術」が身に付きます。

 

お客様があなたの提供するモノやサービスを購入しようと思うとき、お客様は何を判断の基準にしていると思いますか?

それは、『自分の価値観にピッタリ合っているかどうか』です。

 

セールスとは価値と価値の交換です。

お客様に「自分にとって価値あるものだ」と判断されれば成立します。

そして、お客様にとっての価値とは『お客様の価値観にピッタリ合っている』ということなのです。

 

  • 「そんなことは分かってる」
  • 「セールス本を読めば似たようなことは書いてあるかもしれないし…」

もしかしたらそう思われた方もいるでしょうし、確かにそうかもしれません。

でも、「実際にどうすればいいの?」という大事なところはいつもはっきりしない。

だから、本を読んだだけでは再現できないし、結果も出ない。

書いてあることを頭では理解できるけど、現実化させるのはやっぱり難しいのです。

 

そこで、今回のコラムでは実践的に紐解いていこうと思います。

何度か読み返せば、きっと「むずかしそうだけど、私にもできるかも?」と思えるはずですよ♪

 

お客様の『価値基準』を知ろう。

価値基準とは、判断の決め手になるスイッチのようなもの。

お客様は、この価値基準に従って物事を判断します。

 

お客様の価値基準を知るポイントは、

  • 繰り返し使う言葉
  • 頻繁に協調する言葉

これらを注意深く観察することです。

 

あなたは洋服のショップ店員だったとします。

お客様と何気なく会話をしていると、

  • 「わたしの顔って子供っぽくてイヤ」
  • 「わたし、プロポーションに自信がないの…」

といったお客様の発言に気づきました。

 

そんなとき、店員のあなたならどんな言葉を返しますか?

 

  • 「そんなことないですよ~!」
  • 「子供っぽい?そうですか?そんなふうには…」
  • 「私より全然スタイルいいですよ!」

このように、突然のことすぎて、当たり障りのない言葉を選ぶことで精一杯という方も多いのではないでしょうか?

 

でも、よく考えてみると、

「子供っぽくてイヤ」なのであれば『大人っぽく見られたい』のでしょうし、

「プロポーションに自信がない」のであれば『スタイルよく見られたい』と思っているわけです。

 

そして…本当に大事なのはここからです!

 

大事なのは「掘り下げ」

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ