仕事が楽しくない辞めたい30代女性が今すぐ考えるべき事。

仕事が楽しくない辞めたい30代女性が今すぐ考えるべき事。

今の仕事は楽しいですか?

さて、この質問に「いいえ」と答えた方は、この機会に『自分にとっての仕事の意義』を考えてみましょう。

 

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

 

仕事に対する心の姿勢が、生活の質を決めている

ほとんどの人たちは、睡眠時間を除けば、一日の大半を仕事に費やしています。

そういう観点から言えば、仕事の時間を、あなたが「どんな感情を抱きながら過ごしていくのか」で、生活の質が決まってくると言っても過言ではありません。

ただなんとなくフラフラと今の仕事をしているだけだったり、誰かに言われるがまま仕方なく今の仕事に就いているだけだったり。あるいは、本当は別にやりたいことがあるのに好きでもない仕事を我慢して続けているのだとしたら、それは「心から幸せだと思える生活」を積極的に遠ざけていることになるのです。

 

実は、、、20代よりも30代のほうが頭でっかち

勢いだけで突っ走ってきた20代の頃とは違って、それなりに酸いも甘いも経験してきた30代ともなれば、「好きなことをすることと仕事は別である」と考えてしまうのも無理はありません。

そういう意味では、20代よりも30代のほうが頭でっかちと言えます。好きなことをして飯が食えたらどんなに幸せか、それが頭ではわかっていても、生活のためにはリスクを冒せないのが30代の実情でしょう。

しかし、好きなことをすることが本当にリスクなのでしょうか?

答えは「いいえ」です。

たしかに、大好きなことを仕事にすると言われても、条件反射のように「それで飯が食えるわけではない」という気持ちに襲われるのが30代の特徴なのかもしれません。

しかし、現実はその逆で、仕事に愛情を注げる人は、そうでない人よりも、はるかに経済的な成功を遂げやすいことがわかっています。

現実に、好きなことを仕事にすることで、以前よりもずっと精神面と経済面が豊かになったという人が、数え切れないほど存在しているではありませんか。

そういう人たちを見て、ほんの一握りにすぎないと思ってしまうか、自分にも出来るかもしれないと考えるか。真っ先に出来ない言い訳を思いつくのか、どうすれば自分にも出来るのかと必死になるのか。

好きなことを仕事にできるか、できないかは、そういう思考の差にあるのではないでしょうか。言ってしまえば、それだけの差でしかありません。「出来るか出来ないかではない。やるかやらないかだ」とは良く言ったものです。

人生最大のリスクは、嫌々仕事を続けていること

私には、好きでもない仕事に大切な時間を費やし続けることのほうが、よっぽど人生のリスクを冒しているように思えてなりません。

「自分にとって、仕事とは?」

この問いが、30代の命題です。

その答えは、「自分と自分の愛する人達の幸せをつくるもの」でしょうか。あるいは、「お客さんの幸せをつくるもの」なのかもしれません。もしくは、「その両方」ということもあるでしょう。

いずれにせよ、あなた自身の仕事の意義について真剣に考えてみて下さい。

「どうすれば、その答えを実現することが出来るのか(好きなことを仕事にすることか、今の仕事を大好きになることか等)」というところまで考えがまとまれば、おのずと仕事の方向性は定まるものです。そして、あなたの30代の生活の質は大きく向上していくはずですよ。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ