2ページ目:足だけは本音を隠せない!?【足の仕草で分かる5つの深層心理】

5.「足を動かす」という仕草で分かる深層心理

「足を動かす」という仕草が知らせてくれる心理。それは、、、主に『退屈』と『欲求不満』です。

足を動かすと一口で言っても、次の3つがあります。

  • 貧乏ゆすり
  • 足をブラブラさせる
  • 前にダラッと出したり、頻繁に足を組み替える

0-15-map_color_icon

いずれも「飽きた」「つまらない」という退屈な感情を表しており、貧乏ゆすりに関しては「ストレス解消」を無意識に行っている場合もあります。

自分の意見を否定されると「貧乏ゆすり」を始める人もいますが、まさにソレです。

欲求不満の感情は「何かを動かすこと」で緩和されたりします。

足に動きが見られたら『何かしらのストレスを感じている』と思った方がいいですよ。

話がクドくて長いとか、本題になかなか入らないとか、こちらの話し方やリズムを見直すきっかけにしましょう。

 

おわりに

「足の仕草で分かる5つの深層心理」はいかがでしたでしょうか。

足の動きで相手の心理を読み取れるなら観察しない手はないですよね。

是非、相手と楽しい時間を共有できるようにお役立て下さい。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧