将来が不安な40代女性に贈る『幸せな40代オンナの生き方』

将来が不安な40代女性に贈る『幸せな40代オンナの生き方』

今回は、最近自分の将来を不安に思ってしまう40代の働く女性に向けて『幸せな40代の過ごし方、生き方』をお伝え致します。

 

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

 

40代になっても変わらない『人間の普遍的な欲求』

10代の頃を思い返してみてください。

おそらく「今が楽しければ、それでいい」という考えだった人も多いのではないでしょうか。

大半の人たちは、20代、30代と年齢を重ねていくごとに「おぼろげながら将来を心配する」ようになり、40代に入ると「親の介護」や「子供の大学進学」など、精神的にも経済的にも負担が大きくなることを実感するため『数年先に直面するであろう現実に不安を抱く』ものです。

しかし、「年齢を重ねていくごとに心配事が増えて不安も大きくなる」という人生は、あまり望ましいとは言えません。なぜなら、人生の目的の一つは『楽しむ』ことだからです。

 

未来の幸せを信じられない40代女性は多い?

実際、本当にやりたい仕事や好きな活動をして毎日を心から楽しんでいる40代の女性はたくさんいます。

それを聞くと「毎日が幸せな40代なんて、ほんの一握りでしょ」と思ってしまうかもしれません。

次々と起こるハプニングに対処するのにも嫌気が差し始め、40代になって自分の人生の色がくすみ始めた人ほど、未来の自分の幸せを信じられないもの。しかし、それは単なる思い込みです。

大切なのは、40代という時間をどう使うか

特別な仕事などしていなくても、地味でも働き続けることが出来ることに感謝しながら、毎日を丁寧に過ごすことで心を充実させている女性は少なくありません。

実生活で次々と問題が発生しても、一つ一つ地道に対処しながら、それでも毎日に楽しみを見出すことで心を平安に過ごせている女性もたくさんいます。

いずれにせよ、たとえ今が苦しい時期であっても、その中で「自分なりに40代を楽しむ」ことは出来るもの。あなたがその気にさえなれば、人生はいつからでも楽しめるはずですよ。

40代の女性にとって大切なのは、『40代という時間にどんな意味づけをして過ごすか』ということに尽きるのではないでしょうか。その意味づけの質が、40代の時間の使い方を左右するのです。

「ハッキリ」させてみる。

heart_DIAMOND

例えば、今からでも自分の「本当にやりたいこと、心から好きなこと」をはっきりさせ、それを実践してみるのも有効な40代の時間の使い方の一つ。

無理のないところから少しずつ変えていきたいと思う人は、まず「私は40代を楽しむ!」と決意することから始めましょう。それだけでも『40代を過ごす姿勢が前向きに変わります』。

人生にハプニングはつきもの。

起きてしまったら対処すればよいだけの話です。そういう当たり前のことも、後ろ向きな姿勢でいるうちは気がつきません。

ぜひ、「私は40代をトコトン楽しむ!」と決意してみてくださいね。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧