30代40代の働く女性が「自分らしくいられるキャラ」を見つける方法

30代40代の働く女性が「自分らしくいられるキャラ」を見つける方法

30代、40代になってくると、職場での「自分のキャラが固定化してくる」もの。自分のキャラが固定化され始めると、違う一面を出しづらくなります。

 

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

働く女性には悩みの種がいっぱい。仕事、恋…とりわけ『人間関係の悩み』は多いものです。

実際、悩んで行き詰まっている時は「今の環境の中にいたのでは、いっこうに解決出来ない」ことも多いもの。

「環境が変わらない中で自分だけが変わる」というのは、かなり骨の折れることです。とくに自分のキャラが固定化されつつある人がいきなりキャラ変えするというのは至難の業ではないでしょうか。

そういう時は、思い切って今の環境を変えてみるといい

私個人的には「旅行」するのがオススメ。より効果的なのは、国内よりも海外かなぁと思います。大きく外に出たほうが『自分の悩みがちっぽけに思える』からです。

普段の常識がまったく通用しない場所に行くと「自分の価値観が広がる」という効果もありますし、狭いコミュニティーの中で悩んでいたことがバカバカしく思えてくるものです。

日本に戻ってくれば、またその狭いコミュニティーの中で仕事をしていかなければならないとはいえ、自分の価値観が広がったあとでは物事の見え方も捉え方も違ってくるはず。人の目なんて気にならなくなりますよ。

まったく新しい人間関係の中に入っていくのもいい

それと、今までにない「まったく新しい人間関係の中に入っていく」のも効果的です。

既存の人間関係の中では、あなたのキャラは既に定着しているはず。いつも似たような役割を演じることになり、それが悩みの種にもなっているのではないでしょうか。

ある程度キャラが決まってしまうと、本当は「もっと違う自分を出したい」と思っていてもそれが難しいもの。その狭いキャラの中でしか動けないとなるとストレスにもなりますよね。

勇気と実行力があり、他の職場でも活かせるスキルや経験を持っているという人なら「転職」するのもいいでしょう。転職先は、いわゆる「まったく新しい人間関係の中」ですから。

転職とまではいかなくても「部署異動を申し出る」とか「違う上司の下で仕事をさせてもらう」とか、そういう程度でも『新しい人間関係の中に入る』ことになるものです。あなたの意外な一面を引き出してくれる同僚や上司と出会えたりすれば、今よりもずっと仕事が楽しくなるでしょう。

自分らしくいられるキャラを見つける

家族に見せる一面、友人に見せる一面、恋人に見せる一面、趣味仲間に見せる一面、職場で見せる一面、すべてが同じあなたではないはずです。

職場でのキャラに疲れたら、恋人の前ではまったく違うキャラを演じさせてもらえばいい。そういう気分転換ができるような人間関係のカテゴリーを増やしていくことも大切かもしれません。

おわりに

いろんなキャラを演じ分けていきながら、自分のお気に入りのキャラを見つけるのも面白いですよね。それがわかれば、「自分らしくいられる場所」を求めて環境を変えていくことも出来るはずです。

心理・行動の専門家に個別相談

マンツーマン制の個別相談も承っております。仕事のこと、恋愛のこと、家庭のこと、ご自由に組み合わせてご相談いただけます。

 

女性専門のお悩み相談窓口、個別相談の詳細はコチラへどうぞ。