注意!30代の女性が陥りやすい『役割や居場所への依存』

注意!30代の女性が陥りやすい『役割や居場所への依存』

自分の役割や居場所に依存し過ぎてはいけません。

 

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

 

無意識に自分自身を抑え込んでしまう

無意識に自分自身を抑え込んでいる30代は少なくありません。その原因の一つに「役割に縛られてしまう」ということがあげられます。

仕事では「部下として、先輩として、上司として」とか、家庭では「娘として、妻として、母として」など、ヘタに役割に縛られてしまうと、思考や行動に制限が生まれ、楽しくなくなるものです。

羽目を外していた20代の頃とは違い、「身を固めたい、安定させたい」という気持ちが芽生え始めるのが30代。その反動から、役割にハマりやすく、自由に生きられなくなる傾向がある年代と言ってもいいでしょう。

 

30代と40代ではこんなに違う

初めの頃はその役割を遂行することが喜びだったとしても、そうすることが当たり前になって、誰からも評価も感謝もされないと感じ始めた途端、虚しい気持ちになるものです。そのうち、いったい誰の人生を生きているのか分からなくなってしまいます。

40代になれば、今よりも自分自身との付き合い方が上手くなってきます。役割を遂行することになったとしても、それだけに縛られることなく、その日をやり過ごすことが出来るようになるでしょう。完璧な人間など存在しないことを知っているので、7〜8割の力で取り組むことで良しと出来るのかもしれません。

しかし、30代では「まだ力の抜き加減を知らない」のです。いつまでも20代の頃の理想を捨てきれないでいるからなのかもしれません。ほとんどの30代が理想と現実とにギャップを感じ、「こんなはずじゃなかった」という思いに襲われているのが実態です。

そのことを知るだけでも、気持ちが少しはラクになるのではないでしょうか。30代も後半に突入したら、役割に対しては「ほどほど」を心がけ、それよりも自分の人生をちゃんと生きようと気持ちを切り替えましょう。

特に女性は「仕事や家庭に居場所を見つけることに埋没しやすい」ので注意が必要です。役割に縛られていると、そのままズルズルと40代に突入しかねません。もしあなたが現時点で何かしらの違和感を感じているのなら、人生の後半もこれまでの延長にならないように一度立ち止まって考えてみて下さい。

30代では『役割や居場所への依存が、かえって今後の人生に悪影響をもたらしやすい』ということを心得ておきましょう。そのうえで、今のうちから自分の人生設計を見直しておけば、人生の後半は今よりもずっと楽しく過ごせますよ。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧