個別のご相談はコチラから

【女性管理職の分かれ道】男性部下に「嫌われる女」と「愛される女」

「もっと大人になりなさい!」と言ってはいけない理由。

人に注意をするとき、自分よりも年の若い相手に使ってしまいがちな言葉。

それが「もっと大人になりなさい!」という言葉です。

 

でもですね…
ビジネスの場で「反抗期の子供に親が叱るようなやり方」は好ましくありません。

 

たとえ親子関係であっても「もっと大人になれ!」と言われれば増々反抗したくなるし、

「だってまだ子供だもん!」と正論を突きつけられることだってあるでしょう。

 

特にビジネスのような場では、「大人になりなさい!」では改善の仕様がありません。

『目線を合わせて具体的な改善策を話し合う』のが大人のやり方だと心得ておきましょう。

 

虚勢を張るのは終わりにしよう。

行動力があったり、快活に仕事をこなす新人社員に対して、うっかり使ってしまいがちな言葉。

それが「若いね」という言葉です。

 

特に「若いねえ〜」などと語尾を伸ばしてしまうと、失礼さが際立ってしまいますので注意しましょう。

「若い」には、「まだ青いね」「まだ未熟だね」「まだ子供だね」などのニュアンスが含まれます。

 

女性に対してなら適宜に「若いですね」と言えば、褒め言葉になるのかもしれません。

でも、行動力があることやイキイキと取り組んでいる姿を見て「若いねえ」と言えば、

「そんなに頑張れるのは若いからだ。私だって若いときは…」と言い訳にさえ聞こえてしまいます。

 

こういうときは…
「行動力があってうらやましい」と、自分を下げて部下を褒めてあげるくらいの器量が欲しいものです。

 

それなら言わない方がずっといい。

部下を注意するときに、うっかり使ってしまいがちな言葉。

それが「今まで言わなかったけど…」という言葉です。

 

「今まで言わなかったけど」という言葉の使い方は2つ。

1つは、「今まで言わなかったけど、ホント頼りになるね」と『以前から良く思っていた』という意味で使うもの。

もう1つは、「今まで言わなかったけど、いつも同じ失敗してるよね?」などと『以前から悪く思っていた』という意味で使うものです。

 

当然ながら、『以前から悪く思っていた』という意味で使えば、部下はひどく傷つきます。

まして、過去まで引っぱり出されて注意を受けるのは、いくら部下の立場であったとしてもたまったものではありません。

部下の自信を奪い、仕事の生産性を低下させるだけですので注意しましょう。

 

使うなら『以前から良く思っていた』という意味で♪

 

まとめ)【女性管理職の分かれ道】男性部下に「嫌われる女」と「愛される女」

男性部下に嫌われる言葉:

  1. 「さすが○○大卒だね」
  2. 「見直したよ」
  3. 「もっと大人になりなよ」
  4. 「若いね」
  5. 「今まで言わなかったけど」

あなたは「嫌われる上司」になりたいですか?

それとも「愛される上司」になりたいですか?

中には、「上司は部下に嫌われてなんぼ」「嫌われるくらいでないと上司ではない」などと思う方もいるでしょう。

でも…嫌われるなら、『最終的には愛される』ようでなければなりません。

「嫌味を言う」「皮肉を言う」、そんな上司では『本当に嫌われてしまう』のです。