当サイト初の書籍化!詳しくはコチラ

信頼される女性リーダーは「褒め上手」!あなたの「褒め方」は大丈夫?

女性リーダーの皆さん、本記事を読んで“褒め上手”になっちゃいましょう!

突然ですが、質問です。

部下の顔を思い浮かべて下さい。一人で結構です。

その部下は昨日どんな服を着ていましたか?

さて、あなたはこの質問に正確に答えることが出来ましたか?

おそらく、ほとんどの方が「よく覚えていない・・・」のではないでしょうか。

ここには“褒め上手になる要素”が隠されています。

それは、相手をしっかり観察する観察力です。

褒め上手になるには観察力が必要

ただ見ているだけでは、観察にはなりません。

相手の服を例にするなら、「似合ってるなあ」とか「大事にしてるんだなあ」など、気にかけて見ることがポイントです。

相手に関心を持って見ることが観察なのです。

なかなか部下を褒められないというリーダーは、見ているつもりになっているだけで、実際は見えていないのかもしれません。

イルカの調教師に学ぶ「褒め方」

イルカがジャンプする一瞬を見計らって、調教師はホイッスルを「ピッ!」と鳴らし、すかさずお魚(ご褒美)を与えます。

言葉が通じないイルカに対して、このようなアプローチ方法で『ジャンプできたことを褒めてあげる』のです。

最初のうちは、どうしてお魚(ご褒美)がもらえたのかがわからないまま、イルカは再び泳ぎはじめます。

それでもイルカがジャンプする度に調教師はホイッスルを鳴らしてすかさずお魚(ご褒美)を与え続けます。

これを繰り返すことで、イルカはジャンプをするとお魚(ご褒美)がもらえることを学習し、ジャンプが定着していくのです。

ポイントは2つ。

  1. どんな行動を求めているのかを理解させる
  2. その行動をしたタイミングで褒める

イルカの調教師は、イルカがジャンプしてから5分も10分も時間をあけてお魚(ご褒美)をあげるわけではありません。

ジャンプをするとすぐにご褒美がもらえるため、イルカ自身も「お魚(ご褒美)をもらえるのはジャンプをしたからなんだ」と気づくことができます。

そしてこれは親が赤ちゃんを褒める時と同じです。

赤ちゃんの反応と同時に親が自分の「手を叩いたり」赤ちゃんの「頭をなでたり」することで、赤ちゃんは褒められているかどうかを認識するのです。

あらためてこれまでの自分の褒め方を思い返して下さい。

部下を褒める時も、イルカや赤ちゃんを褒めるように具体的でしたか?

「素晴らしいね!」「ものすごく良かったよ!」と抽象的に褒めていませんでしたか?

褒めるべき出来事が起こった瞬間ではなく、少し時間が経ってからではありませんか?

抽象的かつ間違ったタイミングで褒めることを繰り返してしまうと、相手に不快感や不信感を与えてしまうこともあります。

褒め上手になるコツは、『行動を具体的にタイミングよく褒めること』なのです。

そして、そのためには徹底的に“相手を観察する”ということが必要になってくるということを覚えておいて下さい。